DSC09987



H2Tカスタムをご依頼中、または検討中の皆様には心苦しいのですが、難しい注文が増えている関係で納期の遅れが発生することが多くなっております。また、機種ごとに新たな発見がある場合もあり、すなわちそれが障害となるケースも多くなっております。職人さんも万能ではなく、無限の経験を持っているわけでもない為、あくまでも成功報酬としてお考えいただきたいと思っています。

ただその結果、皆様に供給できるカスタム品に限界が発生し始めております。1つずつ設定を変えたモデルを1個ずつ作るよりも、まとめて数個作った方がはるかに効率が良いという事情もございます。
その辺りを考慮いたしまして、「今週のH2T」という企画をスタートいたします。当店であらかじめご用意した仕様の在庫を取得しますので、早めにご注文いただければすぐに発送可能です。手元在庫がなくなった場合は、希望者を取りまとめて次回制作を優先的に行いますので、個人でご注文いただくよりも早く手に入るかと思います。すでにお待ちいただいているお客様の納期を遅れさせることなく、より多くのお客様にご利用いただくにはこの方法が良いかと判断いたしました。どうぞご了承ください。




H2T KX2カスタム (HAカラー)2018神無月仕様 OSLON BF 6000K 3-9V 1500mA

H2Tカスタムに関する質問で多いのは、「どれが飛ぶか?」。そこでこの企画の第一回は、皆様が気になって仕方のない飛び系LED、OSRAM OSLON BLACK FLATを採用してみました。こいつをKX2かステムヘッドに乗せ、LED上限の1500mAをきっちり流した場合、どこまで飛ぶか? 興味ありませんか? そしてOSLON BFのホワイトは、驚くほどすっきりとした白さに仕上がります。同じ6000Kの中でも、かなり純白感のある光です。見てみたいと思いませんか?

というわけで、実際に作ってみました。特に名前は考えていませんでしたが、2018年10月バージョンということで、神無月2018仕様としておきます。あくまでもモデル名ではなく、バリエーション名です。

カスタムベースはKX2。主としてSUREFIRE Eシリーズのボディで使用可能です。


IMG_0263

配光はこんな感じ。非常に強力な中心光、狭いながらも十分に出ている周辺光。高い集光性を予感させるスモークショットです。LEDの色も想定通りの白。こういう色、お好きじゃないですか?

IMG_0274

色温度が高いため、本来スモークショットは苦手とします。散乱されやすく、人間側が眩しさを感じやすい。しかしこの白色なら文句はないでしょう?
IMG_0273


比較対象は初期版のEB1。上位機種を超える集光性を持ったライトです。SUREFIREは比較的色温度が低めの色味を好みますし、また緑がかることを気にしません。EB1単体で見ればそう悪くはありませんが、OSLON BFと比較するとちょっと負けますね。また、より大電流を流しているOSLON BFの方が一枚上手の明るさです。

IMG_0253
IMG_0252

10メートル照射でも、その差は割とはっきりします。色味、光量、中心照度全てでOSLON BFが上回ります。1セル飛び系代表のEB1に楽勝ですね。神無月仕様の中心部の伸びは流石です。

予定外に集光性が高かったので比較相手を増やしてみます。同じ1インチ直径のヘッド+深めのリフレクターに、CREE XP-L HIを乗せ、1000ルーメンの機種。XP-L HIは飛び系ライトに多用されるLEDで、これの1000lmクラスに勝てるとなればかなりのものです。

IMG_0253
IMG_0284

10mショットでも、中心部の照度がほぼ同等なのがわかるでしょうか。数値計測では、比較相手のライトを上回っていました。飛ばし系LEDの代表、XPL HIに同じヘッドサイズで勝てる。これがOSLON BFを積んだ神無月2018バージョンの強みです。もちろん、周辺光を含めた明るさ、バランスの良さではXP-L HIの方がまさるかもしれません。しかしワンオフのカスタムアイテムなら、尖った仕様もありです。

IMG_0291

表記上3-9V対応で、実際に問題なく点灯しますが、CR123A電池1本の3.0Vではちょっと暗めです。およそ100ルーメン程度でしょうか。リチウムイオン充電池1本=3.7Vで十分に明るくなりますが、真価を発揮するのは6V以上のようなので中心光を重視する場合は高電圧領域でのご使用がオススメです。また、スポットが狭すぎて、明るさを落としても普段使いには向きません。この辺りのバランスの良さはやはり現行のEDCLシリーズなどが優秀かなと感じます。


IMG_0277


今回のKX2カスタムヘッド、あくまでも飛びだけで見れば、最新モデルに肩を並べるどころか、一部置き去りにします。特にサイズが近い機種との比較なら、かなり上位です。もちろん、出力はせいぜい4〜500ルーメン、シングルモードの不器用なやつで、霧や煙に対する貫通力も高くはありません。しかし、こういう仕様、悪くないでしょ? SUREFIREベースにこれほど飛ばせるというのは嬉しいですよね。1インチヘッドクラスとしては最高レベルの飛びかと思います。正直、テンションが上がるヘッドです。

H2T KX2カスタム (HAカラー)2018神無月仕様 OSLON BF 6000K 3-9V 1500mA

--------------------


この仕様はロット生産になります。現在当店在庫がございますが、完売した場合には期間終了時点までのオーダーを取りまとめて製作します。その注文までは特別価格となりますが、期間経過後は納期・価格ともに通常設定となります。



H2Tによるカスタム依頼は弊社お問い合わせフォームよりお願い致します。お見積り、ご相談、お気軽にお問い合わせください。