POLYTAC90X_1


懐中電灯ライターのHATTAです。ストリームライトの新作L字型樹脂製ライト ポリタック90Xを使ってみました。L字型のライトの傑作と言えば、同社のプロタック90です。単三電池でもCR123Aでも使える小型で汎用性の高いライトです。その18650仕様の樹脂ボディバージョンがポリタック90Xになります。
POLYTAC90X_2
明るさは最大500ルーメンと大幅にアップ。同じタクティカルシリーズのプロタック90Xと比べても一回り大きなボディですが、全長は112.5mmと短く、L字型ライトらしいコンパクトボディです。何と言っても軽いです。付属の充電池込みでも約136g。軽量な樹脂ボディの良さが活かされております。この軽さは実用面で大きな魅力となります。

POLYTAC90X_3
レンズの直径は、プロタック90に比べ大きいです。搭載されたLEDがより大きいので光を集光する為と思われます。ヘッドベゼルも樹脂製。落下時に対象を傷つけ難い仕様。風防レンズも樹脂製。もちろん、その内側の集光をつかさどるコリメータレンズも樹脂製です。軽さと耐久性を追求した仕様と思われます。透過性や質感という点ではガラス製のものが望まれますが、このライトのユーザーはそれらを求めておりません。徹底した現場での実用性を重視しております。

POLYTAC_90X_7
ベゼル内部は簡単に分解可能。
ベゼルを反時計回りに回すと外れます。ベゼルとボディの間には止水用のOリングがありますので防水性は万全。コリメータレンズの下にはLEDユニットがあり、ボディ側にマウントされておりません。ユニット化されているということは、補修交換が可能と言う事。さすが、ストリームライト。まだ新商品になりますので、交換パーツはありませんが、いずれ出してくれることでしょう。長く安心して使えるのがストリームライトの魅力の一つです。
リフレクターと一体になったLEDユニットというのは実にユニークですね。ボディ側とはプラグによって通電するようで、ガイドがLEDユニットとボディにあるので装着を間違えることは無いと思います。安全面も確りとしております。

POLYTAC_90X_3
外観と機能の面で秀逸なクリップとカラビナリング。
スチール製のクリップはダブルタイプ。ボディからの脱着も可能です。クリップの幅は15mmもあり、幅広で丈夫。握ったときに邪魔にならいのが良いですね。
カラビナリングもスチール製。角度は180度の範囲で自在に調整することが出来ます。ループやフックなどに掛けやすく、脱落防止のランヤードにも付けやすいですね。現場作業で絶対にライトを落とすことが出来ない方にとってはマストなアクセサリーかも知れません。ただ、使用しないという方は取り外しも可能。プラスドライバー一本で簡単に外すことも出来ます。

POLYTAC_90X_4
細かな凹凸の付いたボディは樹脂製ボディならでは。
握った時にちょうど指のかかる辺りに細かな凹凸が施されており、滑り難く握り易いです。金属製のボディのローレットよりもマイルドな握り心地なのも樹脂製ボディの特徴の一つです。
この樹脂ボディは、耐熱、耐衝撃性、耐候性に優れ、消防やミリタリーの分野で定評のある素材が使用されております。性能的な面だけを見れば、アルミ合金よりも優れた素材であると思います。

POLYTAC_90X_8
スイッチボタンはヘッドの直上にあり、半押しでのモメンタリー点灯が可能。タップを繰り返すことでHiとLowの明るさの調整が出来き、任意の明るさでクリックするとその明るさで常時点灯します。ボタンは常時点灯させるとグリーンに点灯。電池残量を示すインジケータの役目も果たします。一目で電池残量が分かるフレンドリーなスイッチです。押し感はソフトですが、クリック時は確りと音とリバウンドで押したことを確認することが出来ます。個人的にはこの触感はとても好みです。

POLYTAC90X_6
使用電池は専用のSL-B26充電池(18650)か、CR123A 2本で。
付属するマイクロUSB充電機能を有したSL-B26の使用がベストです。充電機能を有している分、全長が長くなるので、一般的な18650充電池は物理的な距離が足りず使えません。
純正の充電池SL-B26は、マイクロUSBを直接差し込み充電を行うことが出来ます。別途充電器の購入は必要ありません。SL-B26は予備パーツとして販売もされているので必要に応じて揃えてください。

POLYTAC_90X_9
程よい集光性と周辺光。
コリメータレンズを使用しておりますが、極端に挟角なものではなく、中近距離を照らすのに適したものだと思います。Hiモードで500ルーメン、Lowモードで85ルーメン。どちらも使いやすい明るさですね。ランタイムは使用電池によって異なりますが、付属の充電池の方が長く使えます。Hiモードでの連続点灯ではヘッドがほんのり暖かくなりますが、全く問題なく常時点灯できるレベルの過熱です。樹脂製ボディであることも熱の伝わりが優しいようです。Hiモードの明るさを500ルーメンに抑えたのも放熱が苦手な樹脂ボディであるが故と思われます。

POLYTAC_90X_10
10mでの照射イメージ
Hiモードでは、ピンで中心光が出るのではなく、ワイドな中心光となり周辺光も含め全体を明るく照らす感じです。照射距離が延びるほど中心光の存在は弱くなり周辺光と同化していきます。Lowモードは、周辺光の存在が希薄で中心部分のみが照らす感じ。85ルーメンという明るさでは、こんなものかな?もう少し明るい設定でもよかったかな?さほど挟角な照射パターンで無いことが影響しているように思えます。

POLYTAC_90X_11
ビビットに目立つボディカラーと軽量さを活かした汎用性。
工具箱などに入れても目立つカラーリング。オレンジの他にイエローとブラックがあります。個人的にはオレンジが好きなのでこれがベスト。目立つことが望まれない環境や用途でない限り、オレンジやイエローが人気があるのではないでしょうか。
金属製のライトに比べ軽量で扱いやすいボディは、手に持つだけでなく様々な使い方が出来るでしょう。例えば自転車のライトとか。リュックのハーネスに挿すとか、使い方は人それぞれですが、いずれにせよ、軽いということはこのライトの大きな武器です。

全体的に見て隙が無い優秀なライトですね。デザインも可愛らしくあり、無骨でもある不思議な魅力を放ちます。L字型ライトの人間工学に則したメリットや、携帯性など様々な面で円筒形ライトを凌ぐ特徴を有しております。初めてのL字型ライトとしても大いにお薦めできる一本であると思います。