blog-review-streamlight-tlr9



STREAMLIGHTが、デザインを一新した新型のピストルライトを発表しました。TLR-9。すぐに発注したのですが、入荷したのは比較的最近になります。表記が資料によって揺らぎがあり、TLR-9 FLEXとなっていたりもするのですが、ここでは公式ホームページに則ってTLR-9としましょう。なお、公式ではTLR-9™ GUN LIGHT WITH AMBIDEXTROUS REAR SWITCH OPTIONSとなっています。長い!!(←クレーム)


blog-review-streamlight-tlr9-1

正直なところ、STREAMLIGHTのライトは実用一点張りで色気がないものが多い印象。従来のTLRシリーズも、無骨で合理的な設計になっていました。が、TLR-9はどうにも色気を感じるデザインになっています。全体的に滑らかで、端正な面構成になっています。


blog-review-streamlight-tlr9-2

アクセスキー、というとまるでネット用語のようですが、ストリームライトではレイル部分の交換アダプターを指します。アダプターを交換することで多くの種類の銃に適合できます。特にGLOCKに関しては、GLOCK側の先進性もあって非常に多くの機種に対応可能です。


IMG_8381

とはいえ、全長100mm近いサイズはフルサイズハンドガンでも少しマズルフェイスよりも飛び出ますので、コンパクトサイズにはデザイン上合わないかもしれません。ただ、フェイスよりも突き出したウェポンライトは、影になるものがないため死角のない視野を得られます。外観上のバランスを気にしなければ、実用性ではこの方が上でしょう。


blog-review-streamlight-tlr9-3

特徴的なのは、リアスイッチが交換式であること。ハイタイプ・ロータイプの交換ができること。ハイタイプに切り替えることで、スイッチを5〜7mmほど手前にできます。個人の好みや手のサイズ、トリガーガードとの位置関係などを元に微調整可能です。

blog-review-streamlight-tlr9-4

ちょっと意外に思うかもしれませんが、スイッチカバーは非常にシンプルな「ガワ」だけです。ローコストで好みに合わせることができるシステム。この適合性やフィッチングレベルの高さがTLR-9の大きな特徴となっています。

テールスイッチの操作性は、従来のパドル式ではなく、プッシュスイッチ式になっています。TLR-7/8と似た操作性になっていて、個人的にはちょっと残念な部分もあります。ただ、INFORCEやOLIGHTなどと似た操作感になっていて、機種転換はしやすいでしょう。


IMG_8379

「ヘッド部分」にあたる部品は、厚さ15mmほど。非常にコンパクトなユニットにまとめられています。浅いTIRレンズを備えています。TIRの中心部分はフロストになっています。この部分の処理は設計思想が出やすい場所。SUREFIREでは透明になっていますね。TLR-9のようにフロストがかかっている場合、周辺光のワイドさや濃さが格段に向上します。


blog-review-streamlight-tlr9-5

最大光量は1000ルーメン。前述の通り、広い周辺光に圧倒されます。その一方で中心光も十分に厚く、10m先にも強い光を照射できます。中心照度は公称10000cd。極端に集光性を高めるのではなく、質の良い光で視野全体をカバーする光学思想ですね。


blog-review-streamlight-tlr9-6

壁から少し離して、壁と平行に照射しています。ライトのほぼ真横まで明るい周辺光を生んでいます。この配光、いいですね。PROTAC 90°がこれに近い配光になっていますが、ストレートタイプではまだ存在しないかと思います。このヘッドを使うハンドライトが出てくれたら嬉しいですね。


新しい世代のTLRシリーズ、良いですね。従来通りの無骨さも残っていますし、それでいて新しさも感じます。シングルバッテリータイプの小型機種もいずれ出るのでしょうか。ちょっと期待が高まりますね。