本日は予定していた業務を行えず、そのまま旅に出てしまっておりますので、趣旨を変え旅行用のライトをご紹介いたしましょう。

旅行で使用するライト、と言っても、現代社会では整備が行き届いていて、出番はほとんどありません。少し暗い場所に立ち寄った時の手元足元用、ということであれば、ホームセンタークラスのライトでも役に立ちますので、極限まで荷物を減らしたり、ちょっとした防犯トラブルを想定したり、災害による予定外の現地泊の延長、などを想定して選びたいですよね。

様々な能力の中でも、電池の容量、コンパクトさ、HIGH LOW切り替え、タクティカルな運用ができること・・・などが要求されるのではないでしょうか。となってくると、選択肢は結構限られてきます。

最近出たライトの中で、そう言った要求を高いレベルで満たしていると感じるライトが2種類あります。



一つはKLARUS E1。非常にコンパクトながら、多モードですし、ストロボへのダイレクトアクセスが可能でタクティカル性にも優れます。特殊なレンズによるワイドながら中心照度も十分な照射、大容量電池の搭載など、高いレベルで要求を満たしています。



もう一つはACEBEAM TK18。特に軽量なALモデルでしょうか。こちらはE1よりやや大型化しますがそれでも十分コンパクト、最大3000ルーメンを放つ一方で、5段階の調光も可能。テール周りがシンプルですので、E1より使いやすいと感じる方も多いでしょうね。

上記2機種は、18650電池の電気容量とコンパクトさ、パワーを重要視して選んだものですが、小型機を選んで電池の方を多めに用意するという選択肢もあります。特にリチウム電池やニッケル水素電池はリチウムイオン電池よりも軽いため、体に身につける重量を軽くしたい場合には良い選択肢になります。


ワンセル系のライトであれば、最有力はSTREAMLIGHT PROTAC 1L 1AAかな。非常に多彩な電池を装填できるので、旅先での電池の再入手も可能。KLARUS E1、ACEBEAM TK18ALと比較するとパワーやスタミナに劣りますが、旅先で贅沢を言っても仕方ありません。ほぼ同一の機能・性能を備えたPROTAC 90°もアリですね。

179314.LINE

と、言いつつ、今新幹線に乗っている私が何を持っているかというと、SUREFIRE EB1TE2e。旧型機ですね笑。個人的にはあまり大光量を必要としないので、タクティカル用途にEB1Tを備えていて、E2eには燈E 6V 電球色を搭載しています。ノスタルジックな電球色が恋しいので、そんな選択肢になっています。EB1Tは現行品で言えばEDCL1-Tと機能的には同じ。THYRMスイッチバックSを着けていただくと操作性が向上していい感じでございます。本日はたまたまEB1Tですが、明るさや持続特性も含め、EDCL1-Tは確実にブラッシュアップされていますよ。

旅行中、ライト1本で切り抜けたい!というご希望もあるかとは思いますが、タクティカル性能はライトの多機能化と相性が悪いので、それを別にすると他の選択肢がグッと楽になります。ライト選びのお悩みはよく聞きますが、欲張りすぎると、特にタクティカルにこだわりすぎると深みにはまります。。


今回ご紹介した機種たちは、どれも個人的にとっても気に入っている機種です。KLARUS E1はこのところよく頻繁にサブライトにしていますし、高演色が欲しい時はTK18AL NICHIAを選んでいます。また、PROTACの2本は第3のバックアップライトとしてどちらかがバッグに入っていますよ。ご参考になれば幸いです。

---

全く参考にならない選択肢として、このところ急浮上なのが、JETBEAM RRT-0のヘッドと、SUREFIRE UM2の首から下という謎の組み合わせ。付くんですよこれ。そして絶妙なバランスの良さ。どちらも廃盤で、見かけることもないんですが、今度画像を掲載しますね・・・。

それにしてもUM2、勿体無い気が。。