nitecore-tm9k-blog



本日はNITECORE TM9Kのご案内です。

最初にプレスリリースを見た時は、TM26やTM16クラスの大砲かと思ったのですが、パッケージを見ると思ったより小さい。箱を開けてみると、意外なほどコンパクトなライトでした。ヘッド直径40mm、全長125mm。全長的にはSUREFIRE 6PXよりも短く、ヘッドも「少し大きい」程度のものです。

IMG_1433

ぎっしりとLEDが詰まったフロントビュー。この感じはACEBEAM X80っぽいので、それに匹敵するサイズかと思ったのです笑。搭載LEDはXP-L HD。リフレクターは浅く、近距離タイプですね。

tm9k-exposure2l

期待を裏切らない、どぱっと手元から炸裂するような大光量。1000〜2000lmクラスを撮る設定では真っ白に白とびしますね。

tm9k-exposure1l

HIGH 1300ルーメンで配光を確認。非常にワイドで、奥行き方向もそれなりに照射が伸びる特性。とはいえ近距離特化の配光と言えそう。

そうそう、TURBO 9500ルーメンに対し、HIGH 1300ルーメンというのも特徴的です。中間がごっそりとないんですね。このモード配分は賛否がありそうですが、個人的にはアリです。
10000ルーメンは使わないけど5000ルーメンは使うんだよねーというシチュエーションはあまり多くありません。ならば使用頻度の高い1000ルーメン前後以下に集中して配分するのはアリでしょう。


ULTRA LOWが30ルーメンに設定されていて、これはNITECOREにしては明るい。ど拡散タイプですのでまぶしすぎることはないでしょう。その一方、多少ながら中心光が存在するため、ズーム式のワイドのような極端なフラットでもありません。手元足元用としては非常に使い勝手が良いライトです。

IMG_1422

テールキャップはこう見えて固定式。そのせいか滑り止めのチェッカリングもありません。P22Rのようなデュアルスイッチで、基本的な操作は同一ですが、モードスイッチの長押しでターボが発動します。
個人的にはストロボよりターボの方が用途が多いと感じるので、この操作性は好ましい。ちなみにモードスイッチをダブルクリックするとストロボに入ります。

IMG_1425

この写真で初めてサイズを実感した!という方も多いかもしれませんね。全体のサイズはコンパクトですが、ヘッドサイズがありますので、EDCという感じではありません。玄関に置いておいて、散歩の時に持ち出すとか、明るさを必要とする業務用としては最適なサイズ感。そしてそのサイズを裏切る圧倒的な明るさを、一発で繰り出せるのが魅力です。


もし仮にMAX 2000ルーメンのライトだったとしても十分優秀な構成だと思いますが、9500ルーメンも出ますのでマニアも納得でしょう。TINY MONSTERシリーズの名に恥じないコンパクトで明るいライトです。