acebeam-k30gt-main




ACEBEAMの新商品をまたご紹介いたします。K30 GT。前作のK30からさらにパワーアップ。K30は当店が扱い始めた時点でモデル末期でしたが、人気のあるアイテムでした。K30にはさらに期待ができそうです。

IMG_1335


ハンドル付きのライトはプロ感があっていいですね。K30GTは、18650電池3本タイプなのでそれほど太いボディではないのですが、ハンドルがあると指にかけて持ち歩きができ、鷲掴みにするよりも労力が少なくて済みます。

IMG_1337


サイドスイッチタイプなのでテールはすっきりしています。ACEBEAMは比較的と整ったデザインのライトですが、K30GTもまたバランスの良さを感じるデザインですね。ハンドルをつけた状態でもテールスタンドで立てることができるので、上に向けて照明に使用したい方にも安心です。

IMG_1351


横から見ても、ありがちな寸胴デザインではなく確りとくびれがあり、カッコ良い。旧K30よりもヘッドが大型化しています。

IMG_1358


拡大したヘッドをフルに使い、ディープなリフレクターを備えています。リフの底面に見えているのはSBT90 GEN2。なかなかカッチョ良いベースに乗ったLEDですが、巨大な発光面積ながら遠射性の高いフラットシールに仕上げられているのが特徴的。なかなか他にはないLEDです。この組み合わせがどんな配光になるのか、ちょっとけっこうかなり期待しておりました。

IMG_1352


とりあえず見慣れている1000ルーメンのMED1。おー。この感じは見覚えがあるやつ。ヘッド直径40mm、XP-L HIを搭載したライトとよく似た感じですね。タクティカルに操るにはK30GTはやや重いですが、鋭い集光性と十分な周辺光は遠距離レンジでの捜索に役立ちます。

18650電池1本で1000ルーメンを出せるライトはたくさんありますが、しかしそれを持続可能かというと不可能です。電池の放電能力が不足して、どうしてもじりじりと光量が落ちていきます。しかし、K30GTは3本18650電池を搭載することで放電力・放熱力に余裕があり、1000ルーメンの明るさをかなり長時間維持できます。

IMG_1354


ガチンコでパワーをあげれば、流石の5500ルーメン。先ほどご紹介した写真と同一の設定ですが、流石に真っ白に飛んでしまいます。奥の壁面まで10m以上あるのですが、10m先を白飛びさせるライトはそう多くありません。この状態では中心照度250,000cd以上。距離にして1000mを超える照射距離があります。そしてそのサイズの割にはコンパクトなライトだと断言して良いかと思います。

この手のライトは拡散系が多かったのですが、ACEBEAMは上手にニッチを見つけますね。このサイズ、この明るさ、この飛距離というのはなかなかないバランス感覚だと思います。18650を3直で装填するパワーを生かし、長時間の使用でもダレずに使えます。デザインも良いし、ハンドルもついてまずますお安く、文句の付け所のないライトと言えるでしょう。ACEBEAMはこういう企画がほんとに上手だなあと感じるライトです。