nitecore-p22r



IMG_1315
タクティカルライトの定義はかなり難しい。最もストイックなのはSUREFIRE 6PX TACTICALに代表されるシングルモードのライトですが、そのレベルのストイックさを求めるのは警察系の特殊部隊かマニア程度。一般の警察官の現場ではLOWモードも多用するようです。SUREFIREはストロボモードを重要視しませんが、STREAMLIGHTなどでは重要視しています。また充電池の使用、その運用の問題から、ライト本体に充電機能を備えたモデルの方が人気が高い。マニアの好みや意見とは反する状況が伺い知れます。


そうした「実際の現場の声」を反映させているのが、NITECORE P22Rです。前作はR25、その前はP22と、順次ブラッシュアップされている一連のシリーズです。

IMG_1296
搭載LEDは最近の流行を抑えたCREE XHP35 HD。1800ルーメンの明るさを発揮します。ヘッド直径はSUREFIRE 6や6PXと同じ。NITECOREのシリーズはに、この直径のライトはP20系しかないので、これは意図的なものですね。6PXに使用可能なフィルターやワンド類は、ほとんどP22Rにも転用可能です。


IMG_1279
リフレクターが浅く、底部のLEDの周囲にスペースがありますので、広い周辺光とくっきりとした中心光が発生します。配光になります。死角を減らしつつ、中心照度の高さで圧倒したいというのはタクティカルライトの目指すところで、オーソドックスな選択という感じがします。


IMG_1312

ヘッドではなくテールに充電ポートを備えていて、電池を取り出すことなく充電が可能。ポートは回転式のカバーで覆われています。この関係でボディやテールがゴツく感じられ、当初21700電池搭載機種かと勘違いしました笑。MHシリーズなどにすでに充電式が存在するのにP20系での搭載が遅れたのは、マイクロUSBの耐久性やデュアルスイッチを搭載する特性に加え、専用充電池を使用することを嫌ったからではないかと思います。

IMG_1301

特徴的なデュアルスイッチ。弊社取扱の範囲だとKLARUSにも採用されていますね。P22Rではデザインの洗練が進み、言われなければわからないようなデザインになりました。基本的な操作は各社とも共通していて、メインスイッチで点灯し、モードスイッチをクリックするたびにモードが変わる。長押しでストロボ発動、という設定が多くなっています。

このデュアルスイッチを活かすため、P22Rには3つのモードが存在します。特殊部隊ちっくにストイックなタクティカルモード、一般的な現場警官がしやすいロー・エンフォースメントモード、より多段階の明るさを操れるデイリーモード。切り替えることでライトの性格を変えるとができます。長くなるので説明は割愛しますが、個人的にはロー・エンフォースメントモードが使いやすい感じがしていいですね。

IMG_1286

ボディはNITECOREにしては珍しいデザイン。NEW P12ににも採用されていて、新しいPシリーズにはこれが共通で採用されるのかな?この溝の部分にクリップを装着できるほか、NTR10という別売パーツを装着することで、ハンドリングを向上させることができます。NTR10は次回便以降の入荷でラインナップ予定です。ちょっと気になるパーツですよね。


IMG_1300

タクティカルライトのデファクトスタンダードであるSUREFIRE 6PXを踏まえ、タクティカルライトの実用性をシビアに突き詰めたライトですね。配光、ストロボ、充電機能、拡張性。豊富なアクセサリーも使用可能。6PXが機能を削ぎ落とすことで究極を目指したライトだとすると、P22Rは必要とされる機能を盛り込むことで究極を目指したライトと言えます。汎用性が高く、一般のユーザーや向上などの業務ユーザーにとっても使い勝手のいいライトかと思います。