main-1l1aa




STREAMLIGHT 1L-1AAは、お手頃なお値段、単三電池&CR123A両対応、10タッププログラムに夜使い勝手の良さ、タフなボディと見所が多く、それ相応にロングセラーの人気を誇るフラッシュライトです。

そんな1L-1AAですが、HATTAの書いたカスタム記事をきっかけに、多くのお問い合わせをいただきまして実現しましたのが今回のH2Tの高演色カスタム。1L-1AAの入荷数量とタイミングによりお時間をいただいてしまいましたが、無事に仕上がってきました。カメラで撮影する制約上、演色性をお伝えするのは難しいのですが・・・簡単にご紹介いたします。

IMG_0969


まずは外観・・・と言っても、変更部分はLEDだけですね。それでも特徴がありまして、SST-20の4000Kは心なしか色が濃いように感じます。ただ、手元にNICHIAやXP-Gの4000Kがあるわけではないのであくまでも「印象」ですが、あとで計測してみましたら、これが意外にも意味がある違いだったかも・・・?


さて、最初はノーマルから行きましょう。

1l1aa 6000K

計測スペックで見ると、ほぼ6000K&70CRI。標準的な高出力LEDのスペックですね。一般的に明るさを追求したモデルはこのくらいの数値であることが多いです。リフレクタータイプのLEDは、中心光の色温度が周辺光よりも低めになる宿命(というか構造的な制約)がございますので、実際のLEDは6500Kのロットかもしれません。

1L-1AAのリフレクターの深さは「やや深め」くらいでしょうか。XP-Lなどを使用すれば公称400ルーメン以上になったかと思いますが、小口径のリフとの相性を考えるとXP-G2というのは悪くないと思います。それなりに強い中心光が発生し、汎用的ながらもタクティカルの性格も強く出ていて、1L1AAのコンセプトによく似合います。XP-Lを使用すると、よりワイドな照射になり、タクティカルっぽさは損なわれるかな。


1l1aa 5000K

まずはNICHIA 219C。通常のLEDが苦手とするR9カラーチップでさえ綺麗に反映する(評価値=50)というR9050仕様のLED。ちなみに、「普通の高演色LED」だと90CRIでもR9チップで20台ですね。

それを反映して、5000Kにしては赤みが強い視界に感じます。通常5000Kというと緑を含んだ黄色、という印象が強いのですが、ダンボールの赤みが大きく強調されています。

それにしても、公称90CRIながら、実測で93後半のCRIはすごい。CRI値は、拡散させたり反射させると下がる傾向がありますので、リフやレンズで下がるぶんを考慮すると、素のLEDは95CRI相当出ているのではと感じます。

NICHIA 219C / 119Cは、XP-Gに比較するとマイルドな照射になりやすく、高演色ライトとしての相性は良いですね。


1l1aa 4000K


次が4000K。こちらの視界も色調豊かですね。SUREFIRE 6Pのような、末期の高効率キセノンライトを基準にする場合、「電球色=3000K」よりも4000K(温白色)の方が近い雰囲気に仕上がります。実測94.4CRI。額面通りの性能もさすがです。このレベルの演色性のライトがホイホイ手に入る時代になったのは本当に素晴らしい。

また、あくまでも体感として、4000KでもNICHIAやCREEと比較すると黄色味が薄いですね。かなり赤い印象を受ける4000Kです。なんと言ったら良いか難しいところですが笑、同じ色温度の光でも「色味」が少し違いまして、受ける印象が違うことがあります。例えば、同じ3000KでもXP-G系はピンクっぽく、XM-L系は黄色あるいは緑の印象を持っています(ロットで変わるだろうと思います)。SST-20に関しては、4000Kも3000Kも色温度の割には赤っぽい印象です。


1l1aa 3000K

最後は3000K。こちらも貫禄の実測94CRI以上。濃厚な電球色の色味です。このくらいの領域になると、ブルーライトをほとんど含まないため、目に優しい光でもあります。まあ、そういうことを意識する人は少ないと思いますが・・・

また、かなり効率が良いのではという感じがします。写真を見比べてもらえればわかると思いますが、「明るさ感」でノーマルに負けてないんですよね。6000K&70CRIの高効率タイプに対して、3000K&90CRIのLEDは効率で5〜6割になるのが相場ですが、おそらくそれよりははるかに良い効率に感じます。



HATTAが使用感をレビューしてくれているので、私の方はちょっとお堅い話でまとめてみました。前回、4000KをHATTA仕様とお伝えしましたが、H2Tの中の人仕様は5000Kだそうです。となると私は3000K担当か・・・?笑。個人的にはSST-20のバリエーションに存在する2700Kの95CRI仕様が気になります。

次回は1L-1AAが再入荷確定しましたら再度募集いたします。もうしばらくお楽しみにお待ちくださいね。