m50 main




本日は指先サイズの充電式フラッシュライト、ACEBEAM M50をご紹介します。


IMG_9963 2


延長も直径も非常に小さなライトです。テール後端がループになっていますので、全長46mmというカタログスペックよりもさらに小さく感じます。ループにはSBINER #0.5のスチールは通りますが、#0のプラスチックは通りませんでした。

IMG_9966 2

ヘッド直径は13mm。汎用のものだとは思いますが、小型のTIRレンズが使用されています。個人的にはこのTIRレンズの配光が大好きです。


IMG_9974

外に見えているOリングはダミーまたはデザインの要素で、実際のOリングはキャップ内部に別途あります。充電のためのUSBポートもヘッド内部にあります。


IMG_9980

充電中は赤色のインジケーターが点灯。充電時間は非常に短いですね。1時間もあれば満充電になるように思います。

ミニマムなボディながら、2モードを搭載。ヘッドを締め込んで行くとまずLOW、ついでHIGHが点灯します。

IMG_9964

前述の通り、この配光が大好きです。それなりに中心照度を持ちつつ、左右広い範囲まで光が回り込みます。SUREFIRE MAXVISIONと似たコンセプトですが、より広い周辺視野が得られます。MAXVISIONのようなタクティカル性を求めない場合、個人的には小型ライトの配光で一番好みに合います。

IMG_9962

LOWは3/5ルーメン。かなり暗いですが、完全な闇の中でも足元を確認しながら歩くには十分です。地下での停電など、ガチな場合には役に立つかと思います。

LEDは3種類あるので、本来はそれぞれ配光が異なります。今回ご紹介したのはNICHIA。

・NICHIA 高演色で色彩再現性が高い。
・SAMSUNG 明るく高効率。
・OSRAM 綺麗な白色で遠射性が高い

ちょっと驚きなのですが、CREE系のLEDが採用されていないですね。
まだ手元にあるのはNICHIAタイプのみですが、早ければ明日には入荷、明後日には出荷できる見込みです。

お値段もお安いですし、ジッパーなどにつけてEDCするには最適です。いざという時には役に立つかわいいライトですね。