main




先日、H2TのE2DLU-2D、E2DLU-4Sという遠射カスタムをご紹介しましたが、その際に様々なEシリーズをかき集めて比較をしました。せっかくですので、その際の照射を一挙に公開してみましょう。同一条件で大量にライトを撮影する機会はそうありませんし、現行Eシリーズを網羅していますので、きっと楽しんでいただけるのではと思います。

SUREFIRE E1B MV
SUREFIRE E2T MV
WALTHER PL60 WIDE


まずはマックスビジョン2機種。単純にフラットなレンズ式のワイド(PL60 WIDE)と異なり、奥の壁面まで均一な明るさが特徴的です。5〜10mの至近距離では最も使いやすい配光の一つかと思います。タクティカルを強調するSUREFIREの意図とは裏腹に、日常使いに良さそう。HATTAと以前話した時も、200lmクラスのシングルモードのMAX VISIONがあれば・・・という話になったものです。


SUREFIRE LX2
SUREFIRE EB2C
SUREFIRE EDCL1T
SUREFIRE EDCL2-T


LX2 →( EB1 写真なし) / EB2 → EDCL1T / EDCL2T という、系統図通りに並べてみました。こうしてみると、確実な進化を感じることができます。LX2が発売開始になった時は衝撃を受けたものですが・・・隔世の感がありますね笑。


SUREFIRE EB2C
SUREFIRE E2DLU-A
H2T E2DLU-4S
H2T 神無月


旧E2DLUのサンプル品がないので、同じスペックだったEB2にもう一度登場してもらい、現行のE2DLU-A・E2DLU-Tと比較。一部のユーザーは旧型の方がいいとする向きもあるようですが、現行品はマックスの明るさのほか、ランタイムの配分も改善されているので、旧型よりもお勧めですね。

そしてE2DLU-Tをベースに最大限の遠射性を引き出したロングスローカスタム。ダントツのぶっ飛びぶりは、スモークの中で振り回すと楽しいカスタムです。

昨年制作したKXヘッドカスタム神無月仕様。500lm相当と無理の少ない設定でよく飛びますが、E2DLU-4Sと比較すると流石に控えめです。


SUREFIRE 6PX-600LM

ちなみに、SUREFIREのスタンダードモデル、6PXはこんな感じ。TIRとMAX VISIONの中間的な照射ですね。これぞザ・スタンダード。


SUREFIRE LX2
700mA CRI9050


公称200lmのLX2にもう一度登場してもらい、当店で200lmクラスとご案内することが多い700mAのカスタムと比較。ただ、このカスタムはNICHIAですし、HICRIなので、明るさは120〜150lm相当かと思います。XP-LやXP-G3の6000KほどのLEDを使えば、200lm程度出るかと思います。現在の気温なら全く熱くならず、3〜3.5時間ほどフラットに維持します。ご参考程度に。


H2T EDCL1T-3D


最後は、これもSUREFIREベースでH2Tカスタムした試作アイテムです。バレバレですが、今回は名前を隠しておきます。神無月仕様を上回る集光性ですが、コンバーターがノーマルなのでLOWモードも使用可能。気に入ってしまったので購入してしまいました。現在H2Tが受注過多なので、解消次第お披露目できるのではないかと思います。気になる方はもうしばらくお待ちください。


と、いうわけで、一気にEシリーズのスモークショットをご紹介しました。ご参考になれば幸いです。