main






ACEBEAM L30 / L16 タイムセールのお知らせです。

特徴はどちらも正統派のタクティカルフラッシュライトであること。Lシリーズ、と言っていいのかどうかはわかりませんが、スタイルもよく似ています。

IMG_0023


目立つ違いはヘッド部にあり、L30は50mmクラスのセミターボヘッド。L16は汎用的な40mmのヘッドを装備しています。LEDにも違いがあり、L30は大面積・大光量のXHP70.2を装備。片手で振り回すサイズのハンディライトながら、4000ルーメンもの明るさを備えています。

一方、L16のLEDはXHP35 HI。2000ルーメンと十分に明るいですが、L30には劣ります。しかし遠射タイプのLEDですので、その照射距離や中心光の鋭さは明らかにL30を上回ります。

IMG_0025

地味なもう一つの違いは、搭載する電池。L30は21700電池、L16は18650電池を面のバッテリとして使用します。容量や放電能力では21700が勝りますが、汎用性や再入手性では18650が勝つという関係になっています。

l30-5l

ACEBEAMのタクティカルモデルということで、操作系は同一です。テールスイッチはターボオンリー。ON-OFFを短時間で繰り返しても他のモードに移行しないため、サバイバルゲームや防犯などを石指揮する方にも使いやすい仕様。

一方、サイドスイッチは様々なモードを操ることができます。LOW、MED、HIGHはどちらの明るめの設定で、ちまちま使わなくても大丈夫だろ!という設計者の意図を感じます。どちらかというと業務用・プロ用っぽい雰囲気の配分ですが、防災向けに暗くても長く点灯できるモードが良い!というかたのためには1ルーメンのUltra Lowモードも存在します。


そんなスタンダードな2機種が今回のセール対象。どちらも扱いやすく、癖の少ない機種かとは思います。最近ちょっと正統派タクティカルライトの話題がありませんでしたので、今回一度プッシュいたします。気になっていた方は是非ご検討くださいね。

価格はカートに入れるとお安くなっておりますのでご了承ください。