main





当店で、明るいものや遠距離を照射できるものをお探しのユーザーには、ACEBEAMをお勧めすることが多くあります。当然、ユーザーにはそれぞれ「条件」がありますので、ひとえに回答も一つというわけにはいきませんが、純粋な明るさや照射距離で勝負すると、フラッシュライトカテゴリではエースビームがその候補となることが非常に多いのです。

今回ご紹介するのも、「おいおい」と思うようなライトですね。K75。その特徴は2500mに及ぶ照射距離です。

IMG_9943

ぱっと見の外観は過去のKシリーズによく似ています。が、ヘッドのデカさがやばいですね。ヘッド直径は126mm。ちょっと信じがたいサイズです。過去20年近く、ターボヘッドのスタンダードサイズは63mmでした。2.5インチ、SUREFIRE M4/M6などのヘッドサイズですね。その倍の大きさ。肩から下げるようなサイズのライト、あるいは巨大な電池ボックスを持つライトなど、片手でのハンドリングを前提としないライトは過去にもありましたが、片手で扱うライトでは滅多に見られないサイズです。

IMG_9944

これに合わせるLEDはSBT-90 GEN II。LUMINUS社のLEDです。この業界ではCREEのLEDが人気ですが、実際には各社各様のLEDが出ています。LUMINUSも有名LEDメーカーの一つです。基盤サイズが大きく、放熱に余裕があることが予測されます。また、大面積のLEDながらフラットシールなLEDも特徴的。前例がない取り合わせで、どのような照射になるのか気になるところです。

IMG_9951

まあ、予想通りというか期待通りというか笑。どん!と中心光があり、その周辺の光も十分に濃いものです。中心光の中心に、さらに円形の中心部があります。これは画像からは判別できません。この中心部は非常に明るく、2500m級の照射距離を実感できるものです。

1000ルーメンクラスと比較すると格段に濃い周辺光も特徴的。人間、感覚が麻痺してくるものですね笑。1000ルーメン級を最初に見たときはとんでもなく明るく感じたものですが、やすやすと上回る明るさ。

IMG_9955

上の照射写真のW30は2408mの飛距離を持った上で片手で扱えるほど小型です。しかし周辺光の明るさ、中心光の周辺の明るい部分(コロナ)は、実際に遠距離で使用した場合の視認性につながります。実際に野外で使用した場合、特殊なケースを除けばK75の方が視認性が高いことを断言します。周辺光やコロナの存在は、実用上重要なポイントです。

IMG_9939

でかいのが正義。明るいのが正義。可搬性や携帯性を重視しない場合、それは間違いなく正解です。カタログスペックが同じでも、余裕が違いますから。そんなことを実感させるライトです。