main






ナイトコアの人気ポジションマーカー、NU05にシリーズが派生しました。

NU05MI ミリタリータイプ。IRマーカー
NU05LE ローエンフォースメントタイプ。

なかなか面白そうではございます。

1
(画像は長時間露光。実際は交互に発光します。)

まず、NU05 LE。LOW ENFORCEMENT、法執行官のことで、各国の警察官やアメリカで言えばFBI、保安官などを指します。日本の赤色のイメージは世界的には例外的で、多くの国ではRED & BLUEがポリスオフィサーのイメージです。

ということで、NU05LEも赤と青を中心に、4種類のフラッシュ(点滅)を備えています。

nu05le-7l

・赤&青 ファストフラッシュ
・赤 スローフラッシュ
・青 スローフラッシュ
・緑 スローフラッシュ
・白 スローフラッシュ

自転車の尾灯のようなスローフラッシュは単色です。ファストフラッシュはかなり激しいですね。暗所でかなり目立ちます。

長押しで点灯、長押しで消灯。消灯時からの長押し5秒以上でモードを切り替えます。設計思想的に、一度設定したモードを繰り返し使用するという考え方のようで、クリックは点灯やモードチェンジには関係しません。


2

一方、NU05MIはミリタリー仕様。外観はLEDを除き全くNU05LEと同一。940nmのIRと、グリーンのフラッシュ&点灯が可能です。
・IR フラッシュ(インジケーター3秒点滅)
・IR 連続点灯(インジケーター3秒点灯)
・緑 スローフラッシュ
・緑 連続点灯

IRの点灯は肉眼では全くわかりません。IRモードに入った場合、最初の3秒間だけ赤色のインジケーターが3秒間点滅または点灯して状態を知らせます。これ・・・素人が使うとアレですね、消し忘れますね笑。点灯中に中心部のボタンをクリックすると、点灯初期と同じような点灯または点滅をしてくれるので、それが起これば点灯中とわかります。逆に、消灯されている場合は電池残量が表示されます。肉眼で見えないIRだけにちょっと気を使うところですね。

操作方法はNU05MIと違い、長押しで点灯させますがその後はクリックでモードを変えられます。消灯は再び長押し。




少し気になったので、ベースモデルのNU05を確認しておきましょう。正式名称にはNU05 KITとつきますので、KITじゃないやつがあるかと気になるところですが、KITじゃないやつは存在しません。なかなか厄介ですね・・・。

・赤 微小点滅(インジケーター点滅)
・赤 スローフラッシュ
・赤 ファストフラッシュ
・白 スローフラッシュ
・白 連続点灯

となっています。シリーズの中では白が連続点灯できるのが特徴的で、ちょっとした手元ライトとして使用できます。明るさは30ルーメンほど、十分明るく感じる拡散光です。

操作方法は、クリックで点灯、3秒以内にクリックすることで次のモードに移行します。3秒以上経過してクリックすると消灯です。NU05 LEとは逆に、クリックメインの操作系で、長押しは点灯・調光には使用しません。「点灯中に長押しすると速攻でロックモード」というトラップが用意されていますので、手にした方は一度はこのトラップにハマるのではと思います。(解除は長押し3秒)


外観がほぼ同じなのに、操作方法もモード構成も3種類とも違う、という恐ろしいシリーズ構成。フラッシュライト業界に変なメーカーが多いと言えども、こんなものを世に出せるのはNITECOREぐらいなものではないかと笑。「っぽいなー」と微笑ましく感じますが、現場でこれらを混ぜて支給されたら大パニック間違いなしですね笑。

IMG_0004

また、付属品も異なります。共通するUSBコードを除くと、

NU05LE / NU05MI ・ベースマウント(大)
NU05 KIT ・ヘッドバンド、ベースマウント(小)、固定用Oリング

という構成。ベースマウントは従来品よりもしっかりしたものになりました。また、それぞれ装着の互換性はあります。

IMG_9987

新しい大型のベースマウントの裏面はベルクロのオスになっていて、NEB10のパッチスペースなどにはそのまま貼り付けられます。現時点ではこの装着方法が一番スマートかな。


IMG_9985

本体背面はコの字型のフックが向かい合わせになっていて、25mmのナイロンベルトが通ります。つまり、他のライトの後部灯・補助灯にしたり、写真のようにMOLLEシステムにそのまま取り付けることができます。MOLLEシステムに装着する場合、頻繁な付け外しには向きません。


スタイリッシュでミニマムな構成、充電式でボタン電池がいらない利便性。メリットは多いかと思います。3種揃ったことでパーソナルマーカーのシリーズとしても充実感が出てきましたね。NITECOREらしい癖の強いいアイテムですが、実用に耐える性能はあり、またオモチャとしても楽しいものになります。