main

ITECORE(ナイトコア) NU32 ヘッドランプ MAX550lm HICRI RED

私としてはハンドライトのイメージが強いNITECOREですが、このところ多角経営的に様々な商品をリリースしており、趣味分野におけるある種のトータルブランド化しているように感じます。
ヘッドライトもその一つ・・・かな?最近はヘッドライトのラインナップも増え、勢いがあります。本日はそんな中から、高機能コンパクト路線のNU32をご紹介します。


幅64mm、高さ44mm。サイズ感的には単4電池3本タイプのヘッドランプよりもひと回り小型です。流行の内蔵充電池タイプ。充電タイプはちょっと・・・というかたはまだ少なくないのですが、保守層と言って良い感じにはなってきましたね。業務や趣味などで毎日のように使用する場合、製品寿命を考慮しても充電タイプの方が圧倒的に省コスト、省手間です。

IMG_1055

マイクロUSBケーブルを接続するだけで充電できます。現場から帰った時にオフィスで、車内で充電しておけば、次の出動の時までには充電完了していて、次の出勤の際にはそのまま点灯OK。乾電池式は緊急時に電池を購入すればすぐに点灯できるメリットがありますが、毎日の使用には面倒も多いかと思います。この辺りはトレードオフの関係。

IMG_1066

ヘッドバンドはスタンダードな25mmタイプ。汎用のヘッドランプバンドが使用できますし、ヘルメットに装着した際のずり上がりを防止するヘルメット用ヘッドライトバンドホルダーがジャストで使えるサイズです。

IMG_1063

ヘッドの首振りは4段階。コキコキとクリックするタイプです。

IMG_1054

5つのLEDが搭載されています。1つはパワーチップのXP-G3。4つは5mm砲弾LED。砲弾LEDは左右ペアで点灯しますので、3種類の光源を持っています。通常のクールホワイト、赤色、高演色の3つです。

メインの白色はTURBO、HIGH、MED、ULTRA LOWの4モード。ボディ右側のスイッチで点灯させます。クリックするとまずはULTRA LOWで点灯し、クリックするごとにMED、HIGHへと進みます。TURBOのみは点灯中に長押しする必要があり、操作系が分けられているのは良いポイントです。

IMG_1071

TURBO 550ルーメン。リフレクタから予想できる通り、周辺光が広く、しかし中心光はややくっきりしています。オレンジピールリフレクタの特性通り、照射範囲内のムラはほとんど感じられません。正統派ヘッドランプといった感じですね。

IMG_1071

MED 33ルーメン。この明るさなら中心光の眩しさもそれほど感じません。手元作業から足元まで、近距離の用途をカバーでき、なおかつ省電力。程よい明るさです。

IMG_1073

メインスイッチを長押しすると、サブ白色が点灯。この光はCRI90以上の高演色とのこと。砲弾LEDとしては非常によく拡散しています。H2Tで言えば雷光三眼、ACEBEAM EC65 NICHIAなど、レンズ系の光学系を持つライトとよく似た配光です。砲弾LEDでこれが出せるとはちょっと驚き。

IMG_1057

最後は赤色。こっちは普通の砲弾LEDという感じの配光ですね。星空観察や夜間のオリエンテーリングにおける地図確認など、基本的な赤色LEDの使い道を想定していると思います。

点灯直後にもう一度クリックすると、点滅になります。タクティカルなやつではなくて(笑、自転車用にも使えるスローストロボですね。バッグなどに装着して、自転車通勤時のテールランプがわりにも使えるのではと思いますよ。

20190522141740_83774

冒頭で、単四電池3本クラスのライトよりもひとまわり小さいとご案内いたしました。ナイトコアのホームページには、単四電池3本のライト3本分の活躍だぜ、とうたっています。これについて少し解説しましょう。

厳密な比較ではなく、大体の相場という話になりますが、電池の容量は大体下記のように概算できます。

2600mAhのリチウムイオン18650充電池
 =CR123A乾電池 2本
 =単三アルカリ電池 4本

単三電池1本
 =単四電池3本

ナイトコアNU32の電気容量は1800mAhですので、2600mAhの大体7割。単四電池換算8本前後の電気容量になります。

単四電池3本のヘッドライト3本分・・・はちょっと言い過ぎかもしれませんが、ほぼ謳い文句通りの電力を、よりコンパクトなボディに保持していることになります。


このようなパワーの違いから、最近はリチウムイオン充電池を搭載している機種が増えているわけです。当店ではブランドのすべての品目を在庫するわけではないので、なにがしか「選んだ理由」が存在するわけですが、NU32にに関してはサイズとパワーのバランス感、明るさの設定の健全さ、使いきれる範囲の多機能性などがそこに挙げられます。もちろん、NITECOREの信頼感なども含めて、です。

業務用に、邪魔にならないヘッドライトがいるとか、自転車通勤のサブのライトが欲しい、という時には非常に役立つライトですよ。


ITECORE(ナイトコア) NU32 ヘッドランプ MAX550lm HICRI RED