main

SUREFIRE(シュアファイア) M600DF DUAL FUEL SCOUT LIGHT M75 ウェポンライト
SUREFIRE(シュアファイア) XH30 MASTER FIRE対応 HIGH-LOW TIRレンズ

SUREFIREのウェポンライト2機種の掲載ができておりませんでしたのでご案内いたします。



IMG_0997 2

最初はM600DF。今回は従来あるブラックに加え、タンカラーの追加です。SUREFIREのTANカラーは以前から共通して、複雑な色味という印象。緑を含んだ暗めの色ですね。

IMG_0995 2

M600DFをさらっとおさらいしましょう。ヘッドの形状はM600Uなどと共通になっていますが、ネック部分の規格が新しくなっており、従来のウェポンマウントのE系規格とは噛み合いません。18650系バッテリーに合わせ、ふた回りほど大きなネジになっています。初登場レビューはこちら。

IMG_0991 2

ただ、ヘッドのサイズ自体はM600UやE2DLUなどと同じで、FM54フィルターキットなどフィルタ類の共用は可能です。

サバゲー装備の好みは色々だとは思いますが、現在の主流はノーマルなブラックか、中東系のFDEなどの茶系でしょうか。個人的には、黒い銃本体にTANやFDEのカラーのアクセサリを合わせても急増仕様やPMSC個人装備仕様みたいでかっちょいい気もします。

SUREFIRE(シュアファイア) M600DF DUAL FUEL SCOUT LIGHT M75 ウェポンライト






IMG_1005 2

もう一つはXH30。SUREFIREのX〇〇は、ハンドガン用のウエポンライトを意味します。よくXH35と何が違うの?と聞かれることもありますが、

IMG_1019

XH35がマックスビジョンなのに対しXH30はTIRとなっているのが唯一にして大きな違い。その結果として、

XH35 室内用 近距離用 マックスビジョン
XH30 屋外用 遠距離用 TIRレンズ

という感じでしょうか。もちろん、性能が近似していますので、お互いにカバー範囲は重なります。また一般の評価よりも個人の好みが影響することもありますので、あくまでも「強いて言えば」という感じです。

IMG_1003 2

M600DFには劣るものの、1000ルーメンの明るさはかなりの驚異。TIRレンズ特有の薄く広い周辺視野もあって、屋内でも全然イケます。屋外では十分な飛距離があり、使いやすいライトです。

IMG_1014 2

そして、SUREFIREのウェポンライトとしては珍しく、HIGH-LOW切り替えを備えています。LOWは300ルーメン。このLOWは頻繁に使い分けるためのLOWではなく、常時点灯で2.5時間押し通すためのLOWでしょう。例えば歩哨のような、それなりに時間を要する任務を想定しているかと思います。

もちろんマスターファイヤー対応。今はマスターファイヤーホルスターいらないよ、と思う方でも、将来の心変わりを見越して対応モデルを買っておく方が賢明かとは思います(笑。もし買い直すとなるとかなりの痛手ですからね。

SUREFIRE(シュアファイア) XH30 MASTER FIRE対応 HIGH-LOW TIRレンズ



今回は、七洋交産さんの協賛で、XH35、XH30、M600DFが大幅にお安くなっております。さらにM600DFについては、ブラックもタンもSF18650A電池+充電器セットがおまけで付属します。これはびっくりするほどお得!!数量は非常に僅少で限定です!