main


■ NITECORE(ナイトコア) UMS4 USB高速充電器 QUICK CHARGE 2.0
■ NITECORE(ナイトコア) UMS2 USB高速充電器 QUICK CHARGE 2.0

■ NITECORE(ナイトコア)UI2 USBポータブルチャージャー
■ NITECORE(ナイトコア)UI1 USBポータブルチャージャー

以前から、IMR21700電池に使用できる充電器を探していたのですが国内ではなかなか良いものが見つからずにおりました。USBタイプであればPSE法にもかからないということで、USB充電タイプのもので2シリーズ4機種ご用意いたしました。シンプルな小型軽量タイプか、ハイエンドな液晶表示を伴ったモデルに分けられます。順にご紹介したいと思います。




ui2-1 ui1-1


■ NITECORE(ナイトコア)UI2 USBポータブルチャージャー
■ NITECORE(ナイトコア)UI1 USBポータブルチャージャー


まずはシンプルで小型軽量なUIシリーズ。あとで紹介するUMSシリーズと比較すると2本サイズ同士でも一回り小さいものです。どちらも、電池を装填してUSBケーブルを繋げば特別な設定など必要なく、800mAの電流値で淡々と充電してくれます。充電中は電池残量を3段階のインジケーターで表示します。

この800mAという充電電流は、16340や14500に対してはやや過大な電流で、急速充電の領域に入ってきてしまいます。体感できるほどではないのですが、長期的には電池の寿命を縮めます。逆に2000mA以上あるような16650/18650/21700電池であれば、かなり大きなマージンを取った電流量ということになります。

IMG_0733


ちょっとわかりにくいかとは思いますが、電池を手で引っ張って、+極側に隙間を作っています。この隙間が、以前のモデルに比べると大きく、電池の出し入れが非常にしやすくなりました。過度にコンパクト化を目指すよりはこうした操作性の良さの方が好ましい感じはします。

当店ではNi-MH電池の取り扱いがないため撮影できておりませんが、エネループをはじめとしたニッケル水素電池の充電も可能。リチウムイオン電池を充電している横にそのまま装填すれば、自動で判別してしっかり充電してくれます。




IMG_0755

■ NITECORE(ナイトコア) UMS4 USB高速充電器 QUICK CHARGE 2.0
■ NITECORE(ナイトコア) UMS2 USB高速充電器 QUICK CHARGE 2.0

もう一つはUMSシリーズ。写真の通り、ディスプレーを備えた贅沢なモデルです。電池の状態が表示されますので、しっかり電池を管理する必要があるマルチセル(主に2〜4セル)ライトを業務で使う場合には備えたい機能です。


IMG_0760

表示内容を簡単にご紹介しましょう。一番左の「Slot3」は、左から数えたスロットの位置を示しています。この写真では、シルバーのラベルの赤い電池(IMR16340)ですね。ここに表示されたスロットの詳細情報を以下の通り表示いたします。

その下の「CHG. MODE」は充電モードの設定。Li-Ionは読んで字のごとくリチウムイオンバッテリー用。その下に表示されている通り、上限「4.2V」に設定されます。そのほか、自動で判別されるNi-MHモード、手動で設定できるLFPモードが存在します。

disp

右上に移りまして、CHG. STATUS。ここは切り替わりながら様々な情報を表示してくれます。
・電池の消耗度(Good / Poor) と 内部抵抗
・充電電流 と 現在電圧
・充電済み容量 と 充電継続時間(分)

電圧についてですが、いわば「加圧時」の電圧なので、満充電になっていない場合は電池を取り出してテスターにかけたり、ライトに装填した場合はスルスルと下がってしまう場合がございます。電池の故障等ではなくそのような特性ですので、どうぞご心配なさりませんよう。

各スロットは、細かな充電電流・充電電圧を設定できます。電池に対して知識が豊富な方は、自分好みの仕上がり状態でストップさせることも可能です。


その下に4つ並んでいるのは各スロットの充電状況の簡易表示ですね。詳細表示されていないスロットについても、おおよその状況を知ることができます。

今回ちょっと面白かったのが、
・細くて
・プラス極の盛り上がりが小さい
16650電池は、接点が届かず、位置を調整してあげないとうまく充電できませんでした。4本装填されていますが、3スロット分の表示しかないのはそのため。完全にプラス極のないフラットトップの電池は場合は、逆に大丈夫そうです。たまたま接点の形状と電池の形状が噛み合うと、充電されないことがあるようです。当店のIMR16650電池に関しては、指で位置を整えてあげれば問題なく充電できました。


UMS2、UMS4のもう一つの特徴は、最大3Aの超大電流充電。3500mAの電池でさえも1時間少々で充電が完了するレベルの高速充電です。緊急で充電したいシーンは必ず発生しますので、心強いモードです。

ただ、これには条件があり、
・装填が1本だけ、なおかつスロット1に装填されていること
・ACアダプター側がQUICK CHARGE 2.0に対応していること
以上を満たさない場合は3A充電できません。また過去の経験から、原因は不明ですが機器の相性的な理由もありそうな感じです。


UI1、UI2と、UMS2、UMS4。いずれも21700電池を充電でき、様々な安全装置を備えたポテンシャルの高い充電器です。シンプルなUIシリーズか、高機能高速なUMSシリーズか。用途に合わせてお選びくださいませ。


■ NITECORE(ナイトコア) UMS4 USB高速充電器 QUICK CHARGE 2.0
■ NITECORE(ナイトコア) UMS2 USB高速充電器 QUICK CHARGE 2.0

■ NITECORE(ナイトコア)UI2 USBポータブルチャージャー
■ NITECORE(ナイトコア)UI1 USBポータブルチャージャー