TK16CRI-1
ACEBEAM(エースビーム)TK16-AL SST-20 CRI95 アルミ・高演色モデル

懐中電灯ライターのHATTAです。
本日ご紹介するアイテムは、ACEBEAMから新発売となりましたTK16のアルミボディバージョン その中でも高演色モデルであるSST-20 CRI95をご紹介します。初見で見たときから「これは良いライト!」と思っておりました。小型のボディ、ミチっと詰まった三眼LED、手頃な価格など魅惑的な要素が揃ったアイテムです。それでは、早速詳細を見ていきましょう。

TK16CRI-2
まず特徴的なのがブラックHAが施されたアルミボディと、ベゼルとクリップにあしらわれたブロンズカラーのPVDコーティングされたステンレスパーツ。とってもおしゃれ。ブラックとの組み合わせではゴールドなどが使われがちですが、ブロンズカラーがとっても上品で高級感の演出に一役買っております。ACEBEAMのブランドカラーともマッチングしておりセンスの良いチョイスだと思います。
何より三つのLEDが小型のレンズに収まった姿はカスタムライトっぽくてカッコいいですね。光源が3つに分かれていることで一灯当たりの仕事量が減り、点灯による熱の発生を抑えます。非常に効率的な点灯が出来るものです。もちろん、良いことばかりではなく照射距離や照射範囲にデメリットを感じる部分もあります。しかし、これは複眼系のレンズを使用したライトの特徴ともいえるものなのである程度の割り切りは必要です。

TK16CRI-3
全長67mm 重量は電池抜きで約38g。コンパクト&ライトなボディデザイン。スイッチはボディと一体型にすることでコンパクトさを強調しております。好みが分かれる部分でもありますが、パーツに拡張性があるようなライトではないので、サイズに拘るならばこれで正解だと思います。
ボディにある滑り止めの凹凸は一つ一つが彫りが深く、握った時に滑り難い仕様。小さなボディだけに確実なハンドリングが出来ることが重要です。
スイッチボタンはクリック感のあるタップタイプ。半押しでの点灯は出来ません。クリック感は軽くサクサクと点灯、消灯が出来ます。調光は点灯後の長押しで3段階調光が可能。いずれのモードであってもダブルタップでターボモードに入ります。
また、ボタン自体が大きく押し易いのも良いです。このサイズのライトではサイドスイッチを採用したものが多いのですが、どうしてもスイッチボタンは小さくて押し難く、華奢で弱いものが多いです。なので、操作性を優先させたテールスイッチを採用したことは非常に良いと思います。

TK16CRI-4
電池の出し入れはヘッドを外して行います。ヘッドと言うかほぼ二分割するような感じですね。リチウムイオン充電池が付属で付くようですが、このライトに充電機能はありません。この充電池を使う場合は別途充電器が必要です。こうして書くと不親切なように思えますが、私はこれが正解だと思います。もし、充電機能を搭載すればボディは大きくなりますし、防水機能を強化しなければならず結果、商品の価格も高くなってしまいます。このライトの良いところがすべて台無しになってしまいます。ですから、充電機能は要らないのです。そもそもこのようなライトを「欲しい」なんて思う人は充電器を持っていると私は思っております。なお、本来の明るさは発揮できませんがCR123リチウム乾電池でも使用は可能です。Hiモード以下で使用する分には明るさの差異はさほど感じられません。

TK16CRI-5
ボディはとても小さいので手が大きいと少々握り難いです。逆手に握りますと完全に掌に隠れてしまうほどコンパクト。とても愛らしいサイズです。頻繁にON/OFFを繰り返すのであれば、注射器を持つようにすると良いかと思います。

TK16CRI-6
搭載LEDはルミナス SST-20 演色性は95CRIです。CRIの単位の100になると太陽光や白熱電球と同じになります。ですからこのライトに搭載されたLEDは、非常に演色性の良いものであるということです。試しにキセノン電球のライトと比較してみましたが、確かに良さそう。緑が鮮やかに見えるのも高演色LEDの特徴の一つです。

TK16CRI-7
Lowモード13ルーメンでも近距離ならクッキリ照らすことが出来ます。小さいながらもレンズを使用しているので近距離ではその効果を活かすことが出来ます。

TK16CRI-8
明るいモードはこんな感じです。照射距離に関してはこのサイズのライトとしては優秀です。遠くまで飛ばす系のライトではないですが、実用上の不満はないと思います。高演色モデルはTK16シリーズでは最も輝度が低く飛ばないモデルになります。少しでも集光性に優れたモデルを選ぶならOSRAMを搭載したモデルが良いでしょう。

TK16CRI-9
暖色系の光を放つSST-20はアルミモデルのTK16との雰囲気にとてもマッチした感じのLEDのように思えます。消灯時からスイッチ長押しで点灯するムーンライトモードの0.5ルーメンは癒しさえ感じます。搭載LEDのチョイスが良く、デザインや操作性能も含めセンスが光るライトです。

ACEBEAM(エースビーム)TK16-AL SST-20 CRI95 アルミ・高演色モデル