main

VICTORINOX(ヴィクトリノックス) CLASSIC SD/LE2019/ALOX

本日は新しく取り扱いを開始しましたVICTORINOXをご紹介します。1884年創業のスイスのツールナイフメーカーです。一般的な日本人がイメージする「ツールナイフ」「アーミーナイフ」の元祖のようなブランドです。アウトドアブランドとしても名高いのですが、照明専門店であるアカリセンターの、アウトドア部門を兼ねたフラッシュライト部門としては、近いような遠いようなメーカーでございました。

お客様の中にはおそらく私たちよりも詳しい方が多いでしょうし、先行する販売店も多いので、ブランド全域にわたって取り扱うことにはメリットを見出せないのですが、個人的に気に入っているいくつかのアイテムに関しては掲載したいとかねてより思っておりました。

IMG_0419

本日ご紹介するのはCLASSIC。VICTORINOXの中でもツール数が少ないものの一つです。VICTORINOXの歴史には2ブレードのタイプがあったかと思いますが、現在ではCLASSICの3ブレードが最小かな?ボディ長は58mm。指1本にも満たない小さな小さなツールです。

IMG_0421

基本となるのはこちらのナイフ。刃長40mmほどの小さなナイフですが、鉛筆も研げますし紐もテープもカットできます。キーツールとしては十分でしょう。ブレードにロックはついていませんが、使用時、収納時でそれぞれテンションがかかります。それほど不便なく使用できると思いますよ。

IMG_0422

もう一つはこちらの爪やすりとマイナスドライバーのセットブレード。爪やすりはちゃちなものではなく、しっかりと研げます。ただこれはネイルアートで使うヤスリではなく、爪の先を整えるためのヤスリですね。アウトドアで爪が伸びすぎていることに気づいた時の不快感を解消できるアイテムです。マイナスドライバーは比較的小型のもの。

IMG_0425

もう一つのブレードはハサミです。この手のハサミは切れない!という認識の方も多いかとは思いますが、それは本物を知らないからですね。VICTORINOXはきちんと柔らかい糸くずを切れる精度があります。おそらくこのツールナイフを持ち歩いた際、最も活躍するブレードでしょう。商品についたタグ、包装やパックの切り口として、使用機会は多いかと思います。

IMG_0399

それから、別パーツとして爪楊枝とピンセットが差し込まれています。ハンドルに挟んであるだけですが、テンションがかかっていますので抜けやすいようには感じません。これらが意外に役立つのはみなさまご存知の通り。エチケットにも重要なツール類です。

IMG_0427

さらにブレードの端にあるキーリングを合わせて7機能。20gほどのコンパクトなボディからこれだけの機能を使えれば十分と思いますがいかがでしょうね。
個人的にはLEATHERMANのSTYLE PSも持っていますが、キーホルダーにつけるにはゴツすぎます。CLASSICのコンパクトさ、軽さはEDCで生きてくるものです。

IMG_0401

CLASSICの赤いハンドルのモデルはイメージモデル的な役割を果たしておりますが、カラーバリエーションもありますし、素材違いもあります。素材違いで有名なものがALOXです。こちらはハンドルにアルミを使用したモデルです。シックで高級感があり、所有欲、コレクション性を高めています。

IMG_0391 2

ボディが樹脂のSDと比較すると、爪楊枝とピンセットがありません。その分ハンドルが薄く、よりかさばりませんし、素材から受けるイメージと異なり、20%ほどALOXの方が軽い特徴があります。

個人的にはこのCLASSIC ALOXがとても気に入っています。コンパクトで高品質な、役立つアイテム。そんなイメージ。樹脂モデルとは異なり、表面に滑り止めを施された外観はさらに「ツール感」を盛り上げてくれます。これが2500円くらいで買えるんだぜ・・・

IMG_0407

さらにALOXは、毎年限定のカラーモデルを発売しています。今年はゴールド。黄味が強いザ・ゴールドではなく、やや優しいシャンパンゴールドかな。写真で見るよりは実物の方が高級感があるように思います。お値段が高いのでオススメはしませんけどね。大人のコレクションとして興味がある方は調べてみてください。

スクリーンショット 2019-05-20 17.57.59

▲VICTORINOX公式サイトより
2015年モデル以降5種類出ていて、以前のモデルもまだ入手は可能なようです。ただ、当店では今年のモデルのみの取り扱い予定です。

可愛さもあり、ツールっぽさもあり、なかなか楽しめるアイテムです。フラッシュライトファンとは親和性の高いアイテムではないかな。ということで取り扱いを開始してみました。老舗のアウトドアショップさん、ナイフショップさんと勝負になるとは思いませんが、皆さんの興味のきっかけになれば良いかなと思います。





現在、日本では刃物類の持ち歩きについて非常に厳しい取り締まりが行われております。CLASSICのブレードは銃刀法により携帯を規制されるものではないのですが、法解釈次第でもありますし、違反していない場合でも任意放棄をさせる方針ということもあります。都市部での持ち歩きは色々な意味でご注意くださいませ。

VICTORINOX(ヴィクトリノックス) CLASSIC SD/LE2019/ALOX