tk16cu


ACEBEAM(エースビーム)TK16-CU 銅ボディ三眼LEDライト

明るさにプライドを持っているACEBEAMから、また明るいモデルが登場しました。
ヘッド直径23mm、全長67mmの1セルクラスとしても小型なボディから、1800ルーメンを発揮します。一体どんなライトなのか。ご紹介したいと思います。ちなみに今回TK16をご購入になる場合、記事の最後まで必ずお読みくださいね。

IMG_0260

ACEBEAM TK16。なんとなくFEN○X的なネーミングですね笑。
ご覧の通りの銅ボディ。数年前、異素材系が流行った頃は辟易も閉口もしましたが、今現在ではブームも収まり、銅本来の放熱力を生かしたモデルに使われるケースが増えています。TK16もその一つ。カタログスペックで最大1800ルーメン。このサイズで1800ルーメンも出したら、楽しいこと 恐ろしいことになるのはまちがいありません。

銅は新品の時こそ輝いていますが、やがて黒ずみ、変質していきます。通常では忌避される仕様ですが、逆にそれを楽しもうぜ、というメーカーの主張も感じられます。実際に販売店としても、銅ボディの寿命よりLEDライトの進化による製品寿命のほうが遥かに短いです・・・半年持たないもん・・・。


初期状態ではこのようなブリスターに真空パックされていますが、実際にはわずかに曇っていることもあるようです。開封すれば数日で同程度になりますので、どうぞお気にされませんよう。テールスイッチ部分に誤操作防止の樹脂が貼られていて、若干糊残りしますがご容赦ください。テール、ベゼル、クリップはステンレスの染色仕上げで、純銅ではない為、影響は小さいかと思います。

IMG_0270

小さなボディで1800ルーメンを発揮するために、三眼仕様。とてもコンパクトな三眼TIRを使用しています。この手のTIRは、インジェクションで作られます。どうしても湯口と呼ばれる、樹脂素材の注入口が残ります。これを不良品と思われたり、落下した際にチェックして気づき、ひびが入ってしまったと思う方もいらっしゃいますが、仕様ですのでご安心くださいね。

TK16にはLEDが3種類用意されています。XP-G3、OSRAM、SST-20 CRI95。どれを選べばいいんだ!と悩まれるかもしれませんが、結構シンプルです。

IMG_0304

XP-G3 基本。明るい。白い。ワイド照射
IMG_0302

OSRAM 遠距離モデル。もっと白い。ナロー照射。
IMG_0305

SST-20 CRI95 色鮮やか。太陽光的な光。

以上です!お好みに合わせてお選びください。ボディ素材の印象も相まって、自分だったらSST-20かな。LUMINUSの新LED、SST-20は高演色性を保ったまま色温度も上げていて使いやすく、赤色もよく見えます。高演色ニュートラルホワイトがお好きなら外せないLEDかという気はします。NICHIA VS SST-90なんてやってみたい企画ではありますね。

IMG_0273

この手のぶっ飛びライトとしてはLOW側のモードが繊細に用意されています。

ULTRA LOW :0.5ルーメン
LOW:20ルーメン
MED:100ルーメン
HIGH:600ルーメン
TURBO:1800ルーメン

MEDまでの明るさが100ルーメン以下で3段階もあり、常夜灯、手元用、足元用といった用途でそれぞれ過不足がありません。明るいライトを好まれる方でも、実際の仕使用は手元足元ということも多いので、個人的には好ましい設定です。

IMG_0268

本当に小さいな。SUREFIRE EDCL1Tと比較すると、グリップ部分くらいのサイズしかありません。重さもありがちなわざとらしい重さではなく程よい重量感。操作系もACEBEAMらしく整理されていますし、普段使いにも十分耐えられます。あとはわざと使い古し感を出して、知らずに手に取った人をびびらせる、というのがさいてきかもしれませんね。遊び心あふれる新製品です。



冒頭で最後まで読めと言いましたのは・・・今回は、カートに入れていただくとお値引きになるシステムを採用しました。商品ページのお値段からグッとお安くなっております。期間限定&数量限定ですので、お早めにご検討ください。

【特価・5/20まで】お買い得価格のACEBEAM TK16CUはこちらから


ACEBEAM(エースビーム)TK16-CU 銅ボディ三眼LEDライト