IMG_0213


KLARUS(クラルス)HA2C L型汎用ライト&ヘッドライト CREE XHP70.2


本日はKLARUSの新L型ヘッドライト、HA2Cをご紹介いたします。18650電池を使用して3200ルーメンを発揮するライトです。

IMG_0223

目を引くのは滑らかなボディ。印象としてはSUREFIRE E1BやEB1などBACK UPシリーズを彷彿させるフルート加工。テールキャップを除き、ヘッド周りも統一されたデザインでクラルスらしさが漂います。

IMG_0230

意味があるのかないのか、スイッチ部はほんのりと傾斜しています。多少は押しやすいんでしょうけどね、水平でも大差ないような気もします(笑。電子スイッチですが、プチプチした感触ではなくかなり重め。L型ライトはヘッド部に指がかかるので、押しにくさは感じません。

IMG_0226

取り外し可能なクリップも2WAYタイプ、最新の流行は外しませんね。帽子のツバや上着のポケットに挿して、前照灯や作業灯として使用可能。座って使用する場合などはこれでも十分ヘッドライトがわりにはなりそうです。

IMG_0210

クリップを外す必要はありますが、ヘッドランプとしても使用可能。というか、こっちが本領ですね。代理店の担当者が「ヘッドバンドのつけかたがわからない」と申しておりましたが、皆さんは大丈夫ですよね?念の為装着画像も掲載しておきます。
IMG_0219



IMG_0235

18650型電池を使用するライトとしては十分軽く、最小限の重量で最大限のパフォーマンスが得られます。実用的なMEDIUM 200ルーメンで8時間というスペックは、ほとんどのアウトドアスポーツに対応できるかと思います。ANSI FL1規格に基づく表記ですので、後半は徐々に光量が落ちますが、電池のスペック・LEDのスペックから見て3〜4時間は初期光量を維持し、その後緩やかに低下しての8時間かとは思います。

IMG_0233

搭載LEDは、人気のCREE XHP70.2。最近の大光量機種は大体このLEDを積んでいますね。最大光量は3200ルーメン。一体この光量で何を照らすつもりなのか笑、という気もしますが、すでにこのクラスのライトは各社から出ており、比較的新しくはあるものの、最先端という感じではなくなっています。みんな、明るく照らしたいんですね。
テクスチャードリフレクターは浅め。LEDが巨大なため、ヘッド口径を抑えようとすると必然的に浅くなります。

IMG_0244

その結果周辺光が広く、集光も緩やかなライトになります。ヘッドランプとしては最適かな。TIRタイプとは異なり、周辺光は濃く、左右まで回り込むほどの広さはありません。しかし実用には問題のない広さでしょう。特に大光量LEDですから、遠距離を見たければパワーで押す、というのは王道の一つです。

IMG_0245

普段使いの実用ライトはLOW側のモードによって使い勝手が変わります。そして、メーカーごとに特色のある部分でもあります。例として、NITECOREは1ルーメン、40〜70ルーメン、200〜300ルーメンという感じで刻んできます。OLIGHTはもっと細かい感じで、1ルーメン、10〜20ルーメン、70〜150ルーメンといった感じでしょうか。
KLARUS HA2Cは1ルーメン、15ルーメン、200ルーメン、400ルーメン、1000ルーメン、3200ルーメンと続きます。200と400の間が細かめの印象を受けますので、この辺りを実用照度として想定している設計ですね。となると、それなりに速度を必要とするスポーツを想定しているのでしょうか。ワイド配光とはいえ、200 or 400はかなり明るい。歩行用では十分すぎるほどです。


テールキャップにはマグネットが仕込まれていて、鉄板に貼り付けて使用可能です。これもポイントが高く、自動車の側面やフレームに貼り付けて作業灯にできます。

IMG_0238

また、マイクロUSBによる充電ができますので、面倒な電池の出し入れがなく手軽に電力補給が可能。その一方で、必要とあれば予備の18650も使用できますし、CR123Aでも点灯可能です。HA2Cの対応力の高さは、ピュアなタクティカルを除けばかなり広範に対応できるのです。しかしこの画像、実は赤色部分をかなり明るくしております。人間の目では識別できますが、カメラが捉えきれないくらい暗い。日中の自動車内部など明るい場所では充電できているか不安になるかもしれませんね。ただ、夜間寝る場所で充電するなら、これくらいの方が良いかとは思いますよ。一時期の充電可能なモデルはインジケーターが超絶明るかったですからね笑。


1点ご注意をお願いしたいのが、おおよそ1200〜1500ルーメン以上の明るさになりますと、一般的な保護回路付きNCRリチウムイオン充電池では使用できないケースが多くなります。電池についている保護回路が、大電流を漏電と判断して電流を止めてしまうからです。このHA2Cクラスの明るさでは、IMR系の電池をご使用ください。


デザインや操作の好みはあると思いますが、L型ライトは万能型・多機能型ライトのスタンダード。お持ちでないようでしたらぜひお試しください。

KLARUS(クラルス)HA2C L型汎用ライト&ヘッドライト CREE XHP70.2