SIEGEX-1
STREAMLIGHT(ストリームライト)084X SIEGE X スイージX 18650/CR123A仕様ランタン

懐中電灯ライターのHATTAです。
本日は好評発売中のストリームライトの新商品SIEGE X ランタンをレビュー致します。使用電源に18650充電池を使用したありそうでなかった多機能LEDランタン。電源に交換可能な18650充電池を採用したことが非常に魅力的!既にハイルーメンで点灯するハンディ型のフラッシュライトでは、18650形のリチウムイオン充電池がスタンダートとなっております。その充電池をランタンに使用するという発想は既に他社でもありましたが、より実用的で機能性、品質共に信頼できるストリームライトからリリースされたことはライトファンにとっては嬉しい限りかと思います。そんな、期待のモデル SIEGE Xを詳しくご紹介します。

SEIGEX-3
純正の18650充電池が付属します。
マイクロUSBを直接差し込める充電機能を有した充電池が付属します。充電の際は、ボディから取り出し、付属のマイクロUSBケーブルを挿して充電します。充分な容量があり、汎用性も高く、高性能な充電池です。何より電池の交換が可能なので、充電池がダメになったときのことを恐れる必要がありません。これは精神衛生上非常に重要です。また、SEIGE XはCR123リチウム乾電池も使えます。万が一予備の18650が入手しにくい状況であったとしても代替が利くことは心強いですね。

次にライト本体の機能面についてご紹介します。

SEIGEX-4
ライト底面には可倒式のフックが付いております。左右どちらにも倒して収納することが可能であり、フックにはバネ式のゲートが付いております。紐やリングに引っ掛けやすく設置や収納時に大いに役立ちます。フック自体は金属製でガタもなく丈夫です。

SEIGEX-5
重量は充電池込みで約210gと軽量。これは、単四電池仕様のランタンとさほど変わりありません。もちろん、単三や単一を使用したランタンよりも遥かに軽量でコンパクト。設置個所をさほど選ばないのもメリットの一つです。

SEIGEX-7
そして、このライトの特徴の一つであるのが、頭頂部のレンズとLED。最大で300ルーメンの照射が可能。ランタンモードとは別のパワーチップ系のLEDが搭載されております。ボディの直径は最も太いベース部分でも5.38cm。しっかりと握って持てる感じなのでフラッシュライトとして使うことも充分に出来ます。また、上記のように吊るせば下方をピンポイントで照らす照明としても使えます。レンズにより狭角に絞られた光は、作業時に手元を明るく照らしたい時に役立ちます。

SEIGEX-8
照射距離約10m
SIEGE Xは、メインスイッチを長押しすることで、ランタン、赤色灯、フラッシュライトの三つのモードを操ることが出来ます。フラッシュライトモードは驚くほど狭角で鋭い配光です。ランタンに付属する一機能であるなば、ここまで飛ばなくてもいいのでは?と最初は思いました。しかし、メインであるランタンが拡散光であるので、それとは違った配光のモノの方が面白いですし、実際アウトドアでの使用となれば、多少狭角な配光の方が先が見通せて便利です。また、前述のようにテントの上方に吊るして下を照らせば手元をピンで照らすことが出来ます。どうしても、ランタンモードでは光が散ってしまって一点を明るく照らすことが出来ません。手元を明るく集中して照らせることは、細かな作業をする時に非常に役立ちます。

SEIGEX-9
メインのランタンモードですが、最大で325ルーメン。なんと堅実かつ実用的なこと。常時点灯を目的としたLEDランタンですから、300ルーメンであれば必要にして充分。Lowモードの30ルーメンであれば、25時間の長時間使用が可能。リチウムイオン充電池なので、乾電池モデルに比べ明るさの維持と安定性に優れます。

SIEGEX-6
赤色モードは、点灯及びSOS点滅が可能。点灯では最大22時間、SOS点滅では最大90時間の連続点灯が可能です。赤色灯は暗所での暗順応を目的とした照明であり、マーカー的な使い方も出来ます。また、エマージェンシーとしての役割も大きく、オートでSOS点滅する機能は万が一のことを考えると非常に頼りになるモードです。全周が赤く光りますので視認性も良く、見つけられやすいと思います。

SEIGEX-10
掌に収まるほどのコンパクトなボディなので、リュックのフロントポケットやサイドポケット、ボトルホルダーなどへの収納が可能。サイズ的には先日アカリセンターでも紹介にあったようにグレネード(手りゅう弾)くらいのサイズなので、そういったポーチを活用するのも面白い。

SEIGEX-11
単四電池3本使用のランタンとの比較
ボディのサイズからしてソロまたは2-4人用のテントやテーブルランタンとして有効活用できそうなものです。明るさやランタイムも3AAAクラスよりもスペック的に優れております。正直、単一電池を使用したLEDランタンとさほど変わらぬ明るさだと思います。何より、このサイズと軽さですから少しでも装備を軽くしたい登山などの利用には適していると思います。個人的には、発光色はクールホワイトではなくランタンモードであれば、暖色系のLEDを採用して欲しかったです。ストリームライトってそういうところが意外と頑なというか、実利優先主義的なところがあるんですよ。まぁ、それもまた「らしい」と言えばらしい仕様ですかね。

SEIGEX-2
ボディはスイッチ部がアルミ製で放熱の役割を果たすヒートシンクであり、その他の部分は樹脂とエラストマー(弾性のゴム素材)が採用されております。トップとボトムのエラストマーは柔らかく、滑り止めの効果が得られる仕様です。衝撃吸収性も優れており2mの耐落下衝撃性能を有します。また、1mの水没に耐えるIPX7の防水性能があり、過酷なアウトドアでの使用にも耐えられます。

カーキーとブラックのボディカラーはミリタリー系のギアものが好きな男子であれば、思わず手にしたくなるカラーリングです。しかも、コンパクトで多機能性に溢れ、耐久性にも優れたものとなれば、ギア好きには堪らないアイテムでしょう。これからのキャンプやバーベキューのハイシーズン。一味違った高性能コンパクトランタンを探している方に是非おススメです。

現在あいにく品切れ中ですが、5月中旬には入荷する見込みですからそろそろかな?入荷次第発送しますので気になる方はチェックをお願いいたします。

STREAMLIGHT(ストリームライト)084X SIEGE X スイージX 18650/CR123A仕様ランタン