PROTAC90-1
STREAMLIGHT(ストリームライト) PROTAC 90 L型汎用ライト単三&CR123A

懐中電灯ライターのHATTAです。桜の咲く今日この頃、如何お過ごしでしょうか?花冷えの続く毎日ですが、本日は人気のライト STREAMLIGHT PROTAC90の屋外照射をご紹介します。発売以来、注目してきたライトですが、実際に使用してみると実に素晴らしいライトでした。配光はもちろん、その操作性、使い勝手も期待通りのものでした。

PROTAC90-2
足元を照らした時に広がる周辺光
スポットな配光が特徴の本製品ですが、存外に周辺光の恩恵が得られます。集光性に優れた光学レンズTIRを使用しているので、スポットな配光に違いはありません。しかし、周囲に溢れる周辺光は充分に広く、死角の少ないものです。この周辺光の広がり方は好みです。

PROTAC90-3
鋭い中心光 光軸もよく見えます。
この日はCR123乾電池を使用。Hiモードで300ルーメン これも良いですね。無駄に明るくない、連続点灯させてもボディが熱くならない。これで不足があるだろうか?いや、無い。物標をスポットで確実に照らし、そこに至るまでも確りと照らせる照射能力が良いですね。「見やすい」という便利さはもちろんですが、使っていて楽しくなる配光です。

PROTAC90-7
この配光を実現しているのが中心部がフロスト加工されたTIRレンズとリフレクターです。中心光が強く出るだけでなく、その境目となる部分が甘く溶けて周辺光へとなります。屋内、屋外を問わず非常に使い勝手の良い配光を実現しております。

続いて様々な箇所に装着可能なクリップと操作感について

PROTAC90-9
単セルライトのクリップとしては規格外の幅広クリップ。ダブルクリップで上からも下からも挿すことが出来ます。素材は鋼製。丈夫で弾性があり様々な箇所へ装着することが出来ます。一応取り外すことも出来ますが、爪で引っ掛けて外せるようなものではありません。邪魔になるようなものではありませんが、どうしても外したい場合はマイナスドライバーなどでこじって外すことをお勧めします。

PROTAC90-4
ベルトやズボンのポケットはもちろん、バックのモールやストラップ、キャップのツバなど各所に装着が可能。携帯するというか「身に着ける」ことを重視したデザインは、EDC(Every Day Carry)の方向性を明確に示しております。

BeFunky-photo (5)
L字型の単セルライトは数多ありますが、スイッチの位置が頭頂部にあるものがほとんどです。コンパクトなモデルあれば、押しにくいということは無いのですが、PROTAC90のように少し斜めに位置している方が押し易いのは確かです。
PROTAC90のスイッチボタンは、クリッキースイッチ。非常にコシのあるテンションが特徴です。軽く押し込むと点灯し、指に加える力をスっと抜くと消灯します。クリック音がするまで強く押し込めば常時点灯もしやすく、ライトを構えたポジションから無駄な動作を入れることなく点灯、消灯を素早く繰り返すことが出来ます。このレスポンスの良さは是非体感して欲しい部分です。タクティカルな操作性を好む方にはストライクな仕様です。

PROTAC90-10
PROTAC90の画像を検索していたら海外のブログでこんなイメージを見て思わず真似してみたくなりました。コンパクトなハンドガンとの相性は抜群かと。いい相棒になりそうな予感です。

PROTAC90-6
CR123リチウム乾電池でも、単三乾電池でも使えるデュアルフューエルモデル。本当に便利な時代になったものです。電池の種別で明るさが異なりますが、EDCを目的としたライトの場合、そんなにその違いに拘りを持つことがないことに最近気づきました。つまり、実際に使えれば良いのです。メインはCR123でも、入手しやすく安価な単三電池がいつでも使えるというのは非常に心強いバックアップであります。

信頼と安心のストリームライト。実用性と携帯性を考慮するならば、是非ご検討いただきたいEDCライトです。

STREAMLIGHT(ストリームライト) PROTAC 90 L型汎用ライト単三&CR123A