DSC09649
Lumens Factory(ルーメンズファクトリー)Z44用カスタムベゼルリング

精力的にSUREFIREのカスタムパーツを販売するLumens Factoryから、新しいアイテムをご紹介します。
SUREFIRE 6Pに代表される、Z44ベゼルに装着可能なカスタムベゼルリングです。

IMG_9622

ベゼルリングは形状と色で各2種類、掛け合わせて4種類のバリエーションがあります。本当はまだバリエーションはあるのですが、微細な違いすぎて扱いきれませんので、かっこいい方を選んでおきました。

フラットなタイプはフラットタイプ、ギザギザがあるタイプはクレネレイテッドと呼ばれることが多いようです。クレンベゼルなどと略されることも多いですね。日本語では尖塔状という表現が良いでしょうか。古い中世のお城の、ギザギザした城壁を思い浮かべていただければ良いかと。

ベゼルリングは凶器のような(笑)形状のものもの多いのですが、Lumens Factoryのものは穏やかでよろしいと思います。伏せ置きにした際の消灯忘れ防止、その程度の効能があれば良いのではないかと。

IMG_9628


このように、Z44にもともと装着されているノーマルのベゼルリングを除去し、その代わりにこのベゼルリングを装着します。

ノーマルのベゼルリングの除去には専用の工具が必要ですが、現在安定的に流通していません。片手落ちで恐縮ですが、除去はユーザーになんとかしていただく他ありません。

装着の方は手締めでも良いかと思います。もともとのZ44のベゼルリングは接着を前提としているようで、あまりねじ切りが深くありません。このため1回転するかしないかのうちに締まり切ってしまい、工具で締めても手で外せます。ならば手締めでいいように思います。固定が必要な場合は元の樹脂リングのように接着することになります。

IMG_9641
IMG_9640


装着例、いかがでしょうか。雰囲気が変わったかな。装着により、ベゼル先端までベゼルリングで覆われるようになるため、フェンスの隙間に突っ込んだり、砂っぽいアスファルトの上に伏せ置きにしても先端部の摩耗が少なくなります。

IMG_9631

一つご注意いただきたい点がありまして、Z44には何種類かあります。大きく分けると右側のベゼルリングがあるタイプと、左側のないタイプに分かれます。このうち、このアイテムを使用できるのは右側のタイプのみです。左側は古い世代のベゼルになりますが、こちらには使用できません。

個人的な経験では、ベゼル先端は傷つきやすく、HA処理が剥がれやすい場所です。それを保護できるベゼルリングはあってもいいのではないかと。6Pの場合、落下などによりベゼル自体が歪んでしまった個体も見かけます。それもある程度は防止できます。

実用面を度外視しても、愛用のライトを個性化したいというカスタムの楽しみもあるかとは思います。小さなパーツですがライトの雰囲気がぐっと変わりますよ。何よりすぐに戻せるのも安心です。

実用目的でもおしゃれ目的でも、楽しめるアイテム。6Pを新調するついでにつけてみるのはいかがでしょうか。

Lumens Factory(ルーメンズファクトリー)Z44用カスタムベゼルリング