main


SILVA(シルバ) CR220 ヘッドランプ 3AAA 単四電池3本37702

本日ご紹介するのは、単4電池3本を使用するヘッドランプ、CR220です。

このところSILVAはインダストリー系の商品に力を入れてきており、以前ご紹介したTOPO X、CR270とともにその系列にあるアイテムです。従来の青のテーマカラーとは異なり、水銀燈を思わせるオレンジのテーマカラーが印象的。

IMG_9147

CR220は非常にコンパクト。ワークパンツなどのマチ付きポケットがついたズボンであれば、ポケットに入れて運んでも違和感なく運べそうです。

IMG_9139

バンドも軽量な2本タイプ。3本タイプに比べると安定感では劣りますが、ヘルメットに着用する場合はクリップで止めることもできますし、直接装着する場合は簡易的な用途が多いと思われますので、軽量な方が良いでしょう。

IMG_9143

ヘッドバンドを固定するための台座とはヒンジで繋がっており、カチカチと前に倒すことができます。CR270は配光がよく、それほどシビアに調整しなくても使いやすいのではと思います。

IMG_9147

単四電池3本を使用。容量が多い電池ではありませんので、業務でガンガン使うというよりはなるべく携帯して必要な際に少々使うといった使用を想定しています。電池室はフリップオープンタイプ。下の部分のフックで固定されています。

IMG_9151

レンズ部分はSILVA得意のニュートラルホワイト+クールホワイトの組み合わせ。NWの方はフロスト加工がされているほか、レンズが意図的に偏心していて、下方への光を多く生み出すよう設計されています。クールホワイトはクリアレンズで、より遠い場所を意識した設計になっています。

IMG_9150

それにしても、CR270とはロゴ以外見分けがつきません。躯体を共通化することでコストダウンを図ることができます。エントリーモデルであり、インダストリーを意識したこのシリーズには納得の仕様です。CR270と比較すると、50ルーメン暗く、各種のサブLEDが搭載されていません。

IMG_9126

しかし、220ルーメンあれば、歩行に十分な明るさを確保することができます。散歩や点検などで都市部を歩くだけならば、20〜30ルーメンあれば対応可能。ならばHIGHモードでの明るさはオプション的な機能であり、そこまで必要とされているわけではないのではないかと思います。

IMG_9127

CR220のLOWモードは50ルーメン。多少ものが散乱している場所でも十分な視界を確保できます。施設の定期巡回や機械の保守点検に十分な明るさかと思います。明るさせっていにも無理がなく、初期の照度を数時間維持できるかとは思います。ちょっt現場に立ち寄った時のためにカバンに入れておく…そんなニーズにマッチしそうなライトです。

IMG_9132

エクストリームスポーツで鍛えられたSILVAのヘッドライトの良好な視界はそのまま受け継いでいます。通常のライトでは死角になりがちな足元を広くフォローしており、それがそのまま前方へと続きます。自分の前に幅の広い光の道ができたような照射は、他メーカーでは得られない視界です。

IMG_9141

SILVAの品質と光の照射で、最低限の機能のみを持ったCR220。それに見合うお手頃価格も含め、よくまとまった機種です。もちろん高機能・高性能ではありませんが、そういったものを求めるユーザーは多くはないでしょう。必要最低限+ちょっとした質の良さを求めるなら最適なものかと思います。


SILVA(シルバ) CR220 ヘッドランプ 3AAA 単四電池3本37702