cr270-1
SILVA(シルバ) CR270 ヘッドランプ サブ赤LED搭載 3AAA 単四電池3本37701

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するライトはスウェーデンブランドのSILVAの新商品 CR270というヘッドランプです。SILVAと言えば、コンパスやスポーツ、アウトドア系のギア類のメーカーとして認知されておりますが、新たにインダストリー、ワーク系の分野に進出してきました。これは他業種では珍しいことではなく、大型のホームセンターに行くと大手の国内外のシューズメーカーが安全靴を販売しているのを目にします。スポーティで軽量、そして機能性にあふれた製品が陳列されております。ですから、SILVAが販路拡大の為、スポーツ分野で培ったノウハウをワーク系に投入するのは、ごく自然なことかと思います。
cr270-4
さて、本日ご紹介するCR270はそんなワーク系ヘッドランプの第一弾となる製品です。単四電池3本使用のコンパクトで軽量なモデルです。SILVAのワンピースタイプのヘッドランプは概ね非常にコンパクトな設計を重視しておりますが、CR270も例に漏れることなくバッテリースペースが本体のほとんどを占めております。実際に頭部に装着してもその重さはほとんど気になることはないくらい軽量です。

cr270-3
LEDライトは二灯付いており、それぞれ異なる配光を同時に照射します。向かって左はフロスト仕様の曇ったレンズで拡散光を発し、右はクリアーである程度遠方を照らす能力を持ちます。これらの光を同時に放つことで、死角の無いワイドで見通しの良い配光を得ることができます。トレイルランナーシリーズでもお馴染みのインテリジェントビーム配光と同じ性質を持ちます。

スイッチはボディ頭頂部に一つあり、一回押すとHi、二回押すとLow、三回押すと点滅のサイクルモード。消灯するには長押しとなります。ワーク系のヘッドランプでは常時点灯がメインとなることも多く、オペレーションとしては使い勝手の良いものかと思います。

DSC04194
実際にスモークの中で照射しても、左右で光軸の濃さ、広がりに違いがみられます。左がクリアーで、右がフロスト。左の方が光軸が太くて濃いですよね?こうしたビームから生み出される配光はヘッドランプを使用する環境で効果を発揮します。

DSC04175 - Edited
例えば工事現場。手元、足元にしっかりとした強い光を当てながらも、その周囲も広く照らすことで、作業だけでなく、足場の安全確保にも役立ちます。朝夕が暗いこの時期ではヘッドランプは欠かせない道具の一つかと思います。Hiモードでの明るさは270ルーメン、3AAAのヘッドランプとしては十分に明るく、また熱も発し難く効率的な照射が可能です。よほど周囲が明るくない限り、この明るさで不足ということはないと思います。

DSC04186 - Edited
ワーク系のヘッドランプで重要なポイントとなるのが、中心光の明るさです。無駄に明るいのは論外ですが、あまりスポットが無いのも心もとないものです。個人的にはやや強めに照らしてくれた方が使い勝手は良いと感じます。なぜならば、仕事へ集中する意識と確実にポイントを照らすことでミスのない動作が行えるからです。確かに全体をホワっと照らすのも良いですが、確実に決めるポイントは明るく照らしてほしいからです。その点においてもCR270は要求を十分に満たしていると思います。

DSC04182 - Edited
屋外において照射距離は十分に得られます。足場だけでなく、その周囲とその先を同時に照らせることは安全面において非常に重要なことです。頭部に付けたヘッドランプだけで自在に現場内を移動、作業を確実に行えることは素晴らしいことかと思います。

DSC04184 - Edited
サブLEDとして赤色LEDによる照射が可能です。消灯時からスイッチ長押しで赤色灯が点灯します。点灯以外にモードはなく、誤動作を避けた仕様と思われます。夜目の保護の他、バッテリーが少なくなった時にエマージェンシー的な使い方としても有効かと思います。

DSC04198 - Edited
消灯時にはバッテリーの残量を示すインジケーターが短時間ですが点灯します。緑ならば十分、オレンジでは要注意、赤の場合は要電池交換となります。電池交換時の目安なりますね。

cr270-5
屋内での照射。こちらも手前から奥まで過不足の無い配光。道路工事や建築現場などの外でも、電気工事や庫内整理などでも屋内外関係なく使えます。防水性能はIPX5と十分であり天候を気にすることなく作業にあたれます。

cr270-2
ヘッドバンドの内側にはシリコン素材が張られており、作業用ヘルメットにもクリップなど付けなくても安定して装着が可能です。もちろん、クリップ等を付けた方が確実ですけどね。

ボディやヘッドバンドに入ったオレンジがアクティブギアを連想させてカッコいいですね。これまでのホワイトをベースとしたスポーツラインよりもタフネスな印象を受けます。SILVAのワーク系ヘッドランプCR270はいかがだったでしょうか?今後も明るさやバッテリーソースの違いでいくつかモデルがリリース予定となっております。SILVA製品としては比較的価格が手頃で高性能、既存のワーク系ヘッドランプでは満足出来ない拘りのプロフェッショナルに使ってほしい一品です。

SILVA(シルバ) CR270 ヘッドランプ サブ赤LED搭載 3AAA 単四電池3本37701