E2T-1
SUREFIRE (シュアファイア) E2T-MV TACTICAN タクティシャン マックスビジョン LEDタクティカルライト

アカリセンターのHATTAです。本日はSUREFIRE社の人気モデル E2T MVの屋外照射の様子をご紹介します。MAXVIION(マックスビジョン)を搭載したワイドな配光が特徴の本製品は、そのコンパクトなボディサイズも相まって携帯を目的としたユーザーに人気を博しているモデルであります。屋内、近距離での有用性は以前紹介したことがござますが、今回は屋外でのテストとなります。参考になれば幸いです。

関連記事
E2T-MVの詳細について紹介した過去の記事

E2T-4
以前ご紹介したE2DLUに引き続き広い原っぱでの照射。E2T-MVを照射しての感想は、屋外でもその性能は充分に発揮されます。ワイド拡散光になりますので、スポットに光が飛ぶことはありませんが、光の広がりはとても素晴らしいものです。足元も、その先も不安を抱くことなく進むことができます。

個人的な感想ですが、リフレクタータイプと違って光の散る範囲に無駄がなく、やや正中方向に光が集約されている感があります。なかなか伝えにくい感覚ですが、浅く凹凸のついたリフレクターともまた違った配光だと感じました。

E2T-5
E2T-MVはヘッドを少し緩めると5ルーメンのLowモードになります。Hiモード800ルーメンに比べると数値上は1/160ですが、足元、手元を照らすのに充分な明るさです。また、実際にはもう少し光が広がります。明るいところではなく、暗い場所で見ていただければLowモードの良さも実感していただけるでしょう。そもそも、このサイズのライトではHiモードでの連続点灯は不可能です。使用する季節や環境などにも因るかもしれませんが、Hiモードでの連続点灯は数分間のみです。ボディが熱くなり、持つのが億劫になります。それを回避するためにLowモードは存在します。Lowモードであれば、まったく熱を持ちません。

E2T-7
閉塞的な室内ではさらに効果を発揮するMV系の照射。暗い場所では光を求めて瞳孔を開きます。充分に明るい光がなくとも行動できるだけの視野が得られることは、災害時などには重要な性能の一つと言えます。
Lowモードの明るさがどの程度必要かはユーザーによって考え方、使い方に違いがありますので、一概に「何ルーメンが最適」なんて言えません。しかし、SUREFIREのEシリーズがLED化されてから久しくLowモードは「5ルーメン」に固定されております。と言うことは、この出力設定にはそれなりの意味があるのではないかと考えます。必要にして最低限の明るさ。割と説得力のある数字ではないでしょうか?まぁ、単純にコンバータの設定が以前から変わっていない、、、と言う可能性もありますけどね(笑)、皆さんはどう思われますか?

E2T-6
再び屋外に戻ってE2T-MVの最大の強みであるワイド光の広がり具合を見てみましょう。
レンズを使用したライトのワイドとは異なる輪郭のくっきりとしない拡散しながら広がる光。横方向から見てもその特徴はよく分かります。そして、何よりも意外なほどこの光は「眩しい」のです。

E2T-10
照らされる側に立ってみても、1000ルーメンのE2DLUと遜色ない眩しさ。TIRでもない、フォーカスレンズでもないのに、そして非常にコンパクトなヘッド径であるにも関わらず、これだけ眩しいのです。照射距離は30m、タクティカルライトとしては申し分のない照射能力と幻惑効果が得られます。

屋内の近距離ではMV(マックスビジョン)の幻惑効果の高さを過去にもご紹介してきましたが、距離のある屋外でも全く衰えることの無い性能を発揮します。これには正直驚きました。光を食らってみることで、そのライトの性能を知ることができます。ですが、あまり目にはよろしくないのでほどほどに。

E2T-11
この狭く小さく、浅い部分から放たれる光とは思えないものです。MV系の配光を持ったライトに関して未だ懐疑的な方も多いようです。それはそうでしょう、今までTIRを強く推し続けてきたSUREFIREが手のひらを返すようにMVモデルを次々とリリースしてきたわけですから、少しSUREFIREから離れていたユーザーからしてみたら「なんなん?MVって?」となるはずです。なんの躊躇いもなくE2T-MVをご利用になる方は、相当SUREFIREがお好きか、好奇心が強い方でなければ手にすることは無いでしょう。

E2T-12
しかし、一度手にしていただければその素晴らしらさは実感することはできると思います。それだけの自身が私にはあります。単純に性能的な面だけでなく、各所に工夫の入ったボディデザインは同サイズのモデルよりも優れたものだと思います。

比較的大人しいデザインも日本国内では運用面、携帯性など多くの面においてプラスに働くことが多いポイントだと思います。従来から面々と受け継がれるモデルのリニューアル版もよいですが、まだMVモデルを手にしていない方には、是非お試しいただきたい一本でもあります。

SUREFIRE (シュアファイア) E2T-MV TACTICAN タクティシャン マックスビジョン LEDタクティカルライト