main


H2Tから仕上がってきたカスタムが非常に良い感じでしたのでご紹介させていただきます。
SUREFIRE L1をベースに、LEDだけを載せ替えたモデルです。

IMG_0133

ご依頼いただいたL1は、実用された痕跡がありました。私自身も未だにL1を愛用しています。EB1、EDCL1と、ほぼ上位互換の後継機種が出ていて、個人的に所有もしていますが、それらと同じくらいL1は魅力です。

こちらを4000KのXP-E2にLEDを載せ替えるカスタム。L1と同世代のライト、初代E2DLやLX2などは、非常にXP-E2との相性が良いことがわかっています。しかもHI CRIタイプ。どのような仕上がりになるか気になっていました。

IMG_0150

手持ちのL1と並べると、こうして赤い基盤カラーがTIRの底に見えていてカスタム感があります。ちょっとしたこだわりを感じる部分。

照射はこのような感じ。
IMG_0126 2
IMG_0129 2


HI CRIタイプのLEDは、そうでないLEDに比べて出力が落ちます。同じ4000K同士でも、ノーマルCRIタイプの方が明るさはあります。しかし、色温度を落とすなら、高演色タイプの方が断然オススメです。カメラでは捉えきれないものの、キセノンバルブに似た黄金の視界。3000Kは濃い感じがしますが、4000Kは爽やかな電球色です。

明るさ自体はわずかに向上といった程度でしょうか。ノーマルL1のCRIは70台前半と低め。実測で90CRIあるカスタムL1はやはりそれほどの明るさ向上は望めません。しかし美しい光を手に入れることができます。カスタムの嗜好は人それぞれですが、こうした低色温度・高演色路線は満足感が高いかと思います。

今回のお客様は、U2カスタムも同時にご要望いただいておりました。しかし残念ながら、U2はヘッドを分解できずにご返却する運びとなりました。稀にですがそのような場合もございます。何卒ご了承ください。

H2Tによるカスタム依頼は弊社お問い合わせフォームよりお願い致します。お見積り、ご相談、お気軽にお問い合わせください。