d-cashe-main

TEC ACCESSORY (テックアクセサリー) D-CASHE ダイナマイト型防水ケース


これまで、アカリセンターという名にかけて光るものはかなり売ってきたのですが、ついにこれを発売することになりました。


ダイナマイト!新発売!(しません)


冗談はさておき、メーカーの説明によればD-CASHEはダイナマイトを模した形状となっております。外径32mm、全長200mm、少し短めのバトンという感じですね。長い筒の先端に何かがぴょんと出た様子は、ドラマや映画で我々が見慣れたまさにアレです。

IMG_9890

この紐のようなものは、TECアクセサリーによれば内容物を識別するためのカラーコードとのこと。

しかし、引っ張れば簡単に抜けます。識別用にしては若干心許ないかもしれません。コレ、形を似せるためだけにあるような気がするんですが(笑)

IMG_9891

そんなお茶目さとは裏腹に、容器自体の仕上げや仕様は本気です。ボディ素材は6061T6アルミ。6000番台の高品質なアルミに、硬度重視の焼入れを施してあり、アルミ素材としては一線級。一般航空機用の2000番台よりも強度がある素材です。十分な肉厚があり、そう簡単には壊れないかと思います。

エンドキャップは蓄光素材が埋め込まれています。TECアクセサリーの蓄光性能はみなさまご存知のことかと思いますので説明は省略します。これは暗闇の中でもすぐに見つけ出すための仕様です。

IMG_9894

前後のエンドは十分な太さのOリングでシールされています。
メーカーでは単に防水とだけ説明していますが、あくまでも私見でいえば、完全に水に沈めても大丈夫なレベルだと思います。

D-Cache-5

内径28mm、全長は17cm。素材がアルミなので、電池や文具よりは包帯やガーゼなどを収納するのに良いのではと思います。金属製品を入れるとなるとそれなりにジャラジャラします。定番ですが、防水マッチなどの着火具やファイヤースターターとなる繊維などは相性がいいかと思います。ハードな容器でがっちり防水をするに値するアイテムだからです。金属のアイテムなどを入れる場合には、最後に布のハギレなどを詰めてしまえば音がしにくく、またハギレを着火などにも利用できるため良いかもしれませんね。

IMG_9896

類似のアイテムでCELLVAULTなどがありますが、シール部分が真円形のD-CASHEの方が防水性が期待でき、またアルミ素材のため耐荷重や耐圧力で優れます。素材の違い、容量の違いを考慮に入れてご選択いただければ良いかと思います。


当初はナンジャコリャ?と思いましたが、なかなか面白いアイテムです。メーカーサイトではキャップの仕様は複数ありますが、今回はベーシックな 波平 カラーコードキャップと蓄光キャップ(グリーン)といたしました。各キャップの、在庫状況がまちまちなのでご予約はお受けせず入荷次第のご案内とさせていただきますね。

TEC ACCESSORY (テックアクセサリー) D-CASHE ダイナマイト型防水ケース