IMG_9696


何ヶ月か前にスタッフがH2Tに個人的に依頼したアイテムが上がって参りましたのでご紹介したいと思います。

今回の依頼はLEDを取りせていただきちょっと変わった風に仕上がっています。*1

IMG_9685 1
IMG_9686 1

先に問題です、上の写真は、片方がキセノンバルブの照射、もう片方はLEDの照射です。どちらがLEDでしょうか?

今回の依頼は、旧型E2L用KX2をベースにしました。当時のE2lのスペックはLOW 3ルーメン、HIGH 60ルーメンの2段階調光が可能。HIGHでも公称6時間の、常時点灯を主眼においたモデルです。
そのコンバータはオリジナルのまま、LED載せ替えを行いました。

選択したLEDはCREE XP-E2 3250K。一般に3300Kと言われるキセノンバルブの光を意識して選択したLEDです。本当は90CRIの3300Kを狙ったのですが、H2Tでも取得できなかったため今回の仕様になりました。

さて、正解は、下記の通り。
IMG_9685 2
IMG_9686 2


当たりましたでしょうか? 配光は若干違うので着目すればわかりますが、結構似ていますよね。一般的には電球色=3000Kと言われますが、キセノン電球はやや色温度が高いため、多少雰囲気が異なります。3250Kにすると、点灯した瞬間に「あれ?どっちだっけ?」となるくらいには似てきます。実測CRIはほぼ80ですが、悪くないでしょ?70前後だとちょっと色あせて感じますが、80あれば一般用途には十分です。

配光をもう一度。今度はノーマルと比較してみましょう。
IMG_9684のコピー
IMG_9686 1

オリジナルよりもLEDは進化していますが、色温度を下げているため、目視で感じる明るさはほとんど変わりませんでした。LEDの発光部分は目視でもXP-E2 3250Kカスタムの方が小さいのですが、集光性はオリジナルの方が高く感じます。この辺りは非常に不思議です。

写真で撮るとちょっと赤っぽく感じますね。目視で見ると、実に素敵な「キセノン電球色」に仕上がりました。KX2本来のLOW 3ルーメン、HIGH 60ルーメンの設定もなかなか良好です。手元足元に特化した使い勝手の良い明るさ。

XP-E2 3250Kでオーダーすると聞いた時にはマニアックすぎると思いましたが、出来上がってみるとなかなかイケています。こうした個人の好みを追求できるのはカスタムの良さですね。KX2ヘッドの在庫量には限りがあり、再取得はできない素材です。気になる方はお早めに。

H2Tによるカスタム依頼は弊社お問い合わせフォームよりお願い致します。お見積り、ご相談、お気軽にお問い合わせください。



*1  
取り寄せ可能なLEDは、CREE XP-E2、XP-G3など、H2Tで取り扱い可能なLEDで、かつその時点で取得可能なバリエーションに限られます。