UT618RUT226R-1
GENTOS (ジェントス) UT-618R ULTIREX アルティレックス 13000ルーメン 充電式ライト
GENTOS (ジェントス) UT-226R ULTIREX アルティレックス 10500ルーメン 充電式ライト

アカリセンターのHATTAです。本日はGENTOSの新シリーズUltiREXシリーズの9月末入荷予定の2モデルをご紹介します。先日幕張メッセで開催された2018 DIY ホームセンターショーでお披露目となったGENTOS UT-618R及びUT-226Rは、

なんと!1万ルーメン超え
GENTOS史上、最も明るいモデルとなります。

UT-226RとUT-618Rの違いは主に充電池容量の違いです。618Rの方が大容量の充電池を使用しております。その為、トップの明るさは618Rの方が2割ほど明るくなります。しかし、充電池容量が大きいのでボディは太くなります。明るさ重視の618Rか、サイズ感重視の226Rか、の選択となります。

UT618RUT226R-2
先発して発売されたUltiREXシリーズと似た雰囲気を持つデザインですが、操作系が異なります。UT-618Rと226Rは、メインのON/OFFスイッチとは別に、首部にロータリー式のモードセレクターを装備します。また、明るさ調整は5段階、スタンバイOFFモードとストロボ点滅機能を有します。常時点灯させた状態からセレクターを回すことで次々と明るさを変えられます。逆に、消灯状態か任意のモードにセレクターを合わせておけば、一発で指定の明るさを照射することが出来ます。よく使うモードが有るのであれば、とても合理的な操作方法です。

UT618RUT226R-3
ロータリーセレクターの動きはとても良いです。昔のGENTOSのメガファイアーシリーズに比べたら、、、格段に良くなっております。ちょっとネタが古すぎて申し訳ございませんが、びっくりするぐらい動きは滑らかな印象です。ただ、明るさを示すマーキングが遠目に分かりにくい、、、。デザイン性の問題もあるかと思いますが、もうちょっと工夫が欲しかったです。

UT618RUT226R-4
搭載LEDはどちらも同じで4灯搭載。
1灯あたりのリフレクターの深さ、広さ共にさほど大きなモノではありませんが、4灯の巨大なマルチダイLEDから放たれた照射光は、綺麗にまとまり、フラッドな配光となります。風防レンズは透過性に優れたガラス製。放熱を考慮した巨大なヘッドは、Hiモードの1600ルーメンでもほとんど熱を持たず、連続点灯を可能にしております。

ビームディスタンスは226Rが503m、618Rが546mなので、ヘッドの仕様は同じと思われます。浅いと言っても500mクラスの照射距離なので遠方照射が極端に苦手、と言うわけではありません。

UT618RUT226R-6
充電池はライトに装填した状態で付属するACアダプターで充電を行います。充電池はどちらも専用のリチウムイオン充電池です。充電池は脱着が可能。まだ発売前の製品なので、予備の充電池はリリースされておりませんが、今後発売予定の製品です。充電池の換えが効くのでメンテナンス性も安心です。ACアダプターは2A。226Rは約7時間、618Rは約8時間で満充電になります。どちらも交代制の業務で使用に耐えられる充電時間かと思います。

UT618RUT226R-5
ショルダーストラップが付属します。
バッテリー込のボディ重量は226Rが943g、618Rが1244g。片手で持つと重量感を感じますが、ショルダーストラップをした状態ではさほど重さを感じません。ショルダーストラップは前後についたリングに引っ掛けて使います。ボタンに干渉せず、使いやすさを損ねません。

また、運搬に便利な樹脂製のハードケースに入っております。出張や移動の際に使えて便利です。

UT618RUT226R-9
握った時の感じはこんな感じ。
やはり、226Rの方が握り具合は良く、618Rは太く感じます。ただ、親指を伸ばした時の距離はほぼ同じなので、操作感にさほど違和感は感じません。

UT618RUT226R-10
UT-618Rの最も明かりモードでの照射。
最も明るいアルティメットモードでは2500ルーメンの違いがスペック上はありますが、正直よく分かりません(笑)。少なくとも使用箇所でその印象も変わるかも知れませんが、このクラスになると微妙といった感じです。とにかく、どちらもすごく明るいのは確かです。
アルティメットモード以外の明るさの設定は同じで、ランタイムに違いが現れます。より大容量の充電池を使用する618Rのほうがランタイムが長くなります。

UT618RUT226R-11
先にも触れましたが、Hiモードの1800ルーメンで安定して照射出来る能力は特筆するべきものがあります。もっと小型で明るいクレイジーなモデルも他社にはございますが、実用を狙った明るさと性能はヘッドやボディの大きさが重要な要素となります。

UT618RUT226R-8
豊潤かつ力強い照射。
単なるフラッドな照射ではなく、ある程度距離のある対象を捉えることが出来るほど光は飛びます。広範囲かつムラのないワイドビームは、ルーメン値以上に実用性の高い配光かと思います。

今回ご紹介したGENTOS UT-226R及びUT-618Rの先行予約特価販売を開始します!
また、予約品に限り、GENTOSのステッカーをプレゼント致します。
入荷予定は9月末です。是非、ご検討お願いたします!

GENTOS (ジェントス) UT-618R ULTIREX アルティレックス 13000ルーメン 充電式ライト
GENTOS (ジェントス) UT-226R ULTIREX アルティレックス 10500ルーメン 充電式ライト