XT2-1
WALTHER (ワルサー) TACTICAL XT2 タクティカル LEDフラッシュライト

アカリセンターのHATTAです。好評開催中のワルサーフラッシュライトセールのアイテムの一つ、XT2を改めてご紹介致します。適合アクセサリーやホルスターなども併せてご紹介致します。

WALTHER XT2はCR123乾電池 x 2本使用のタクティカルライト。明るさは最大600ルーメン 2段階調光&オートストロボ点滅機能を搭載。使用LEDはCREE社のXM-L2です。オーソドックスなテクスチャーパターンのリフレクターとやや大ぶりのXM-L2との相性がとても良いと思います。
XT2-2
ボディ径は一般的なパーソナルライトと同じ1インチ。社外品のアクセサリーにも柔軟に対応出来るサイズ感です。ヘッドとボディ、テール部に滑り止めのナーリングがあり、握りだけでなく、電池交換時も扱いやすいデザインをしております。把持部はSUREFIREの6PXのように凹みが付いており、かけやすくなっております。かなり既視感のあるデザインですが、ナーリングがあるのは一手間かかっているなか?って感じです。

XT2-3
スイッチはリバース式。ワンプッシュでHiモード常時点灯、2回プッシュするとLow150ルーメン常時点灯、点灯・消灯関わらず、スイッチ長押しでオートストロボが作動します。消灯させるのに3回スイッチを押さなないといけないのがタマニキズ。短時間でのモメンタリー点灯を期待される方にはオススメしません。その費用が無く、むしろオートストロボをメインに使いたいような方には使いやすいスイッチかも知れません。スイッチボタンは大きく押しやすく、グローブをはめた手でも操作しやすいと思います。

XT2-4
電池の交換はテールまたはヘッドより行います。どちらからでも可能です。何気にヘッドからの方がやりやすいようにも思えました。使用可能な電源はCR123リチウム乾電池のみ。充電池は何れも使用できません。今でも乾電池の備蓄性や確実な点灯動作を重視されている方には問題ありませんが、最新のタクティカルガードシリーズが概ねDF化しているので、ちょっと今では不便に感じる部分です。

XT2-5
付属品にはランヤードのようなものは付きますが、ホルスターは付属しません。
社外品で使えるものを調べたところ、以下の製品が使用可能でした。
SKM工房 SUREFIRE P2X FURY用 カイダック製 巾着型 ライトホルダー ブラック
HOPE(ホープ)パーソナルサイズ FLASHLIGHT ホルスター PK
ベゼルダウンであれば、SKM工房。ベゼルアップでフラップ付きをご希望であればHOPEのPK フラッシュライトホルスター TV011が適当と思わえます。
SKM工房の独立型フックは6P系のものが使用可能です。
SKM工房 R-HOOK-6P カイダック製 フック 単独使用型
サイズやデザインがポピュラーなモデルに近いので、社外品のアクセサリーの多くに対応出来るのも魅力の一つです。

XT2-6
ワイドビームパターン
CREE社のXM-L2 LEDと直径26mmのレンズ径を持ったリフレクターとの相性はとても良いです。口径のサイズ的にはFURYと6PXの中間的なもの。ビームディスタンスもメーカー公称400mと集光性も悪くありません。一時期はXP-LやそのドームレスモデルのLEDが人気でしたが、配光の美しさや汎用性の高さでは未だXM-L2でも十分な気がしますし、リフレクターとの相性ではこちらのほうが良いのでは?とさえ思えるものです。

XT2-7
使える150ルーメン。
MAX600ルーメンも十分に使えるものですが、未だに500ルーメンを超えると常時点灯はボディが熱を持ち、あまり効率的な発光は出来てないにように思いえます。特に3V系のLEDの場合はそれが顕著です。連続点灯で熱を持たずに使える明るさ、それでいて十分に明るいのが200ルーメン前後の明るさです。このXT2のLowモードは150ルーメン、あまり他社では見られない設定値です。特にこの手の「タクティカルライト」だとTOPとLowの差が激しく、中間的な明るさが得られないモデルが多いです。TOPがメインんでLowは完全なサブ的な設定です。しかし、すべてのユーザーが常にタクティコーな使われ方をするわけではありません。ましてメインターゲットが民生利用であれば、常時点灯をストレス無く使うことが出来るのは重要なポイントかも知れません。

そういった意味でもXT2は、WALTHERのフラッシュライトの性格を端的に表現したモデルだと思います。

WALTHER (ワルサー) TACTICAL XT2 タクティカル LEDフラッシュライト