H2T3GAN-1
H2T 雷光三眼 (RAICOU SAN GAN) P60互換 ドロップインLEDモジュール

いつもブログをご覧頂き誠にありがとうございます。アカリセンターのHATTAです。
まず、ご連絡がございます。
明日8/11から16日(木)まで弊社アカリセンターは夏季休暇を頂きます。ご注文、お問い合せの対応は17日(金)以降となります。ご不便、ご迷惑おかけしますがご了承お願い致します。

現在開催中のSUREFIRE MV祭は8月17日正午までとなります。発送はそれ以降となります。こちらも併せてよろしくお願い致します。

さて、今週最後にご紹介するアイテムは!H2T 雷光三眼のカスタムモデルです。
タイトルに「フロスト」とあるのにお気付きでしょうか?そう、この雷光三眼は風防レンズ部に曇ったレンズを入れた特別仕様です。フロストレンズを入れることで光はより拡散し、ふんわりとした配光になります。遠くを照らすことは更に苦手となる一方、近距離ではより眩惑を軽減し、視認性を高めることが出来ます。
H2T3GAN-2
搭載LEDはCREE社のXP-E2 PC AMBER を3灯。出力は750mAhに抑えられております。1A以下と言うことで、省エネを狙いつつ、ある程度の明るさが得られるようにした設定です。LEDモジュールで連続点灯したい場合、LED種にも因りますが、750mAhの設定は絶妙だと思います。明るさとランタイムのバランスに優れたモデルになります。

H2T3GAN-4
消灯状態

H2T3GAN-5
点灯 シングルアウトプットです。
雷光三眼は小型のコリメータレンズを3個詰め込んだモジュールです。クリアーレンズの場合はそれなりに集光されます。リフレクタータイプのように中心の一点が照らされるものではありません。ある程度光は集光されますが、遠くまで飛ぶものでもありません。しかし、中近距離でちょうど良く光が集まり、使いやすい配光になります。その雷光三眼の配光を更に散らしたのが今回のモデルです。
H2Tの月光陽光ほど近距離を重視ではない、絶妙な距離感と配光を求めて作られたモデルです。

琥珀色の光であることも影響があるかも知れませんが、中心光から外れた場所でも「カタチ」や「輪郭」を目の端で捉えることが出来ます。非常に優れた夜目仕様のモジュールかと思います。

H2T3GAN-6
スモークの中でもその特徴は確認出来ます。
いわゆるスピルと呼ばるような周辺光はほとんど確認出来ません。帯状の光軸が放出されますが、それがかなり手前から溶け出して拡散していきます。光が空間に溶ける様は美しく、拡散系の配光がお好きな方にはオススメの仕様です。

今回のPC AMBER以外の色のLEDも搭載可能です。
ご希望やお好みがあれば、弊社ウェブサイトのお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。