UT3000R-1
GENTOS (ジェントス) UT-3000R ULTIREX アルティレックス 3000ルーメン 充電式ライト

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介する商品は、国内ブランドのGENTOS(ジェントス)がリリースする新シリーズ UltiREX(アルティレックス)のUT-3000Rです。
アルティレックスシリーズに関して簡単にご紹介させて頂きます。アルティレックスは、全てリチウムイオン充電池を使用しました1000ルーメンを超えるハイルーメンモデルです。それぞれ電池容量違い、配光の違いなどに応じてモデルが別れております。先発して発売される3タイプはUT-3000Rの他にUT-1000M、UT-3200Hの2機種が存在します。各々後日詳しくご紹介させて頂きます。
コンセプトは「とにかく明るく」と言った感じです。これまでにも1000ルーメンが珍しかった頃に単一電池を他本数使用した「メガファイアーシリーズ」などリリースしてきた同社でございますので、今回のアルティレックスに関してもさほど珍しいものではございませんが、やはりカタログに踊る数字を見ると「凄い!」と思わざる得ません。本日ご紹介するUT-3000RはMAX3000ルーメン!その詳細を本日はご紹介します。

UT3000R-2
小型化、軽量化の進む超ハイルーメンモデル
UT-3000Rは付属するリチウムイオン充電池を使用する充電式のハンディライトです。脱落防止の丈夫なパワーストラップを標準装備。ハードな現場での使用が想定されております。全長は172mm ヘッド径は61.8mm、重量は充電池込で450gになります。バトンサイズのライトと同じか、少し短いくらい。しかし、ボディ径は太いので確りと握る感じで扱います。軽量小型なモデルしか扱ったことの無い方にはいささか大きいように思えますが、UT-3000Rはシリーズ最小、最軽量のモデルです。

UT3000R-3
スイッチボタンはヘッドのサイドにあるプッシュ式。誤点灯を防止するためのスライド式スイッチロックを装備。使用時はカバーを90度回転させて使用します。物理的なロックアウト機能があるのが面白いですね。ただ、テールキャップを少し緩めてもロックアウトになりますので、このギミックを持ったスイッチロックが必要であるかは疑問が残ります。スイッチボタンは大きく、グローブをした手でも操作しやすくなっております。スイッチには電力残量を示すインジケーターを内蔵。視覚的に電池残量をユーザーに知らせます。
ボディはアルミ合金製。表面処理はアルマイト仕上げ。基本グレーですが、光の当たり方によっては深いグリーンのようにも見えます。また、首の部分にはゴールドの差し色が入っておりなんだかゴージャス。全体的にハッキリとして凹凸や放熱フィンが設けられており、ジェントスらしいデザインかと思います。

UT3000R-4
細かな凹凸の付いたマルチファセットリフレクターを採用。搭載LEDはマルチダイの大型でハイパワーなモノが搭載されております。レンズが広く深いですが、LEDが大きいので集光性はさほどありません。ワイドビーム系の照射パターン。風防レンズは透過性に優れたガラスレンズを使用。なかなかジェントスらしくない面構えです。

UT3000R-9
使用可能な電池は付属するリチウムイオン充電池のみ。3.7V 5000mAhと大容量。充電時間は約6時間。チャージャーはライト本体に内蔵。充電池をインストールした状態で付属するACアダプターのジャックをボディに差し込んで充電を行います。まだ発売されたばかりなので予備の充電池のリリースはありません。恐らく年末頃になるのではないかと思います。

UT3000R-5
充電ポートはスイッチの反対側。ダストカバーは付いておりますが、基本的に防水処理されております。防塵、防水性能を示すIPは67。非常に高い防塵、防水性能を有します。工事現場使用率No1のGENTOSらしいハードな現場での使用を想定したモデルです。
なお、ACアダプターのケーブル長は2mとかなり長いです。

UT3000R-7
全長が短く太いボディなので倒立も安定します。
天井を照らせば室内全体がほのかに明るくなります。ヘッドが如何に大きく放熱フィンがあっても3000ルーメンで持続して点灯し続けることは出来ません。逆にMidモードの500ルーメンであれば、殆ど熱を持つこと無く5時間の連続点灯が可能です。

UT3000R-8
明るさは4段階の調光が可能。また、オートストロボ点滅機能も搭載。一定時間点灯させた後にすぐに消灯出来るインスタントオフ機能も搭載。MAXモード時の明るさと光軸の太さはなかなかの迫力です。ただ、テクチャーパターンなリフレクターの上に光源が大きいので集光性はあまりありません。ビームディスタンスは、メーカー公称381m。充分遠くを照らすことが出来ますが、中心光の存在感はあまりありません。

UT3000R-11
MAX3000ルーメンでの照射。
最近はルーメン値がぶっ飛んだモデルが多いのでよく分かりません(笑)。充分明るいと認識出来るものかと思います。屋内はもちろん、屋外でも周囲を広く照らしますので高い防塵防水性能を活かして屋外で使用することも可能です。

UT3000R-10
パッケージは収納運搬用の樹脂製のハードケースに入った状態になります。モデルによっては他にショルダーストラップが付属します。ホルスターなどに入れて携帯するにはやはり大きなモデルになりますので、ケースに収納してのご使用がよろしいかと思います。

機能としては実はとてもスタンダード。でも、明るさはこれまでの1000ルーメンクラスと比べると段地に明るいモデルと言えます。このクラスの明るさのモデルがGENTOSからリリースされたことに時代を感じます。

GENTOS (ジェントス) UT-3000R ULTIREX アルティレックス 3000ルーメン 充電式ライト