3GANNVSL-1

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはH2Tの製作しますP60系LEDモジュール 雷光三眼でございます。搭載LEDは、日亜の高演色LED NVSL219。これを3灯搭載し、出力1500mAhの明るさ重視の仕様になっております。仕様電圧は3-12Vのワイドレンジ。CR123A乾電池複数本でも充電池1本でも使用可のなモデルです。

日亜の高演色LEDを使用した雷光壱眼について

3GANNVSL-2
三眼は小さなコリメータレンズが3つ付いたモジュールです。その為、光を集光して遠くを照らすことは苦手です。光は早い段階で散り始めます。全く飛ばないわけではありませんが、飛びは期待出来ないモノです。手元から広く、明るく広がる仕様です。

3GANNVSL-4
同じ高演色のLEDでも光学システムの違いで見え方が異なります。
雷光三眼には極端な中心光は存在しません。かなり至近距離で照射すればそれは確認出来ますが、1mも離せば面で捉えるように照らすことが出来ます。もちろん、搭載するLEDのサイズにも因りますが、近距離で使用するには適した配光だと思います。

なお、こちらのLEDは赤色が鮮やかに見える仕様のもの。確かに、心なしか赤がキレイに見えるような、、、気がします。

3GANNVSL-3
三眼らしいワイドな配光。室内では特にその効果を得られやすいと思います。
1500mAhの設定はかなり明るさ重視なので、多灯の三眼でも熱はかなり持ちます。あまり燃費が良いとは言えない仕様です。多灯モデルに関しては、その味付けが割と極端になります。

「明るさ重視か」「ランタイム重視か」の何れかになります。そうでないとあまりメリットが感じられません。明るさもほどほどで、ランタイムもほどほど、、、となると、雷光壱眼の単灯モデルで充分賄えるからです。もちろん、三眼の配光がお気に入りであれば、そういった仕様も無くはないですが、、、雷光三眼、四眼などに関しては、明るさ重視か、ランタイム重視の何れかでご検討されるのが良いかと存じます。ご参考になれば幸いです。

H2Tの製品、サービスに関してご質問がございましたら弊社のウェブサイトのお問い合せフォームよりご連絡お願い致します。