mictostream-usb-main

STREAMLIGHT (ストリームライト) 057UB マイクロストリームUSB 充電式 小型ライト

STREAMLIGHT MICROSTREAMが発売になりました。MICROSTREAM USB。旧来の単四乾電池バージョンのMICROSTREAMをブログで取り扱いましたのが2009年。実に10年にわたって販売されているモデルが充電式になって再登場ということになります。

IMG_7606

サイズは単四電池クラスの中ではやや大きめ。ただ、プロのツールとして活用するのであれば、多少大き目の方がとっさの使用に向くのは間違いありません。

IMG_7619

ノーマルMICROSTREAMとの最大の相違点は充電機能の有無。ヘッド部分をぐいっと引っ張ると、ヘッド側面にマイクロUSBポートが現れます。こうして付属のケーブルで手近なUSBポートにさせば手軽に充電可能。赤色発光が充電中、緑色発光で充電完了。

IMG_7610

使用するのは専用の内臓充電池。一見10440電池に見えますが、フラットトップですし長さも長く、さらに同一方向にプラス極とマイナス極が存在します。一応完全に別の電池と思った方が良いようです。

IMG_7595

マイクストリームシリーズを特徴付ける、タクティカルなレイズドスイッチ。スイッチガードが付いていないと不安とか、倒立して立てられないのがちょっと・・・という人もいますが、スイッチでON-OFFすることを最優先する場合、この形状が一番かと思います。

IMG_7599

そしてやはり押しやすく、使いやすい・・・! それなりに長さがあるボディですが、しっかり握ることができるのはやはり長所と感じます。スイッチのクリック感はやや硬めですが、ホールディングの良さにより程よい硬さと感じます。

操作方法が少し変わっていて、通常の点灯は全てLOW。HIGHに入れるには、
1)一瞬のLOW点灯
2)一瞬消灯してすぐに再点灯(HIGH)
という手順が必要です。消灯状態からは1)2)の手順で大丈夫ですが、LOW点灯中にHIGHに入れるには一度消灯してから1)2)と手順を踏む必要があります。
と言ってもLOW:50lmで十分明るいため、ほとんどの用事はLOWで済んでしまうかと思います。

IMG_7589

光学系は小柄のレンズ式。
このクラスのライトによく使われるものですね。中心光も広く、周辺光もほぼ左右まで回り込むため、近距離では非常に使いやすい配光になると思われます。

IMG_7576

5m照射。写真は250ルーメンのHIGHモードですが、5m内外ならLOWモードで50ルーメンでも十分すぎるほど。予想通りのワイド系の照射。悪くないかと思います。

IMG_7580

さらに近距離、30cm前後でもハレーションを起こしにくい。やはり手元足元には便利なものですね。直径16mmの外形を生かして細い配管などを見るのにも役立ちそう。特に夏の日中などは、狭い場所は相対的に暗く、見辛くなりますので工事系の方々には役立ちそうです。

IMG_7585

超コンパクトなライトながら、STREAMLIGHTの特徴であるタフさを備えた小型ライトです。充電式になったことで、パワーや運用性も向上しています。仕事でライトを使うんだけど、大きのはちょっとね。という方には断然お勧めできるライトです。

STREAMLIGHT (ストリームライト) 057UB マイクロストリームUSB 充電式 小型ライト