LR10PANDA-1
NITECORE(ナイトコア)LR10 PANDA ブラック 高演色LED搭載 パンダグラフィック ランタン

アカリセンターのHATTAです。本日はNITECOREのポケットサイズLEDランタン LR10 PANDAをご紹介します。「パンダ」です。その可愛いネーミングにそそられて仕入れてしまいました。

LR10はマイクロUSBケーブルで充電出来る4000Kの高演色LEDを搭載したLEDランタンです。ZIPPOカイロような丸みを帯びた形とサイズ感は、ポケットに入れても嵩張らないものです。底部には可倒式のリングとマグネットがあり、フックに引っ掛けたり、鉄面に貼り付けることが出来ます。非常にコンパクトですが、最大で250ルーメンの明るさがあり、最も多様されるであろうMedモードでは、5時間に及ぶ連続点灯が可能です。

LR10PANDA-2
パッケージは、So Cute!!!
上野動物園で売っていたら売れそ〜、みたいな妄想を掻き立てられます。

パッケージを開けると、、、

LR10PANDA-3
....うーん、君は誰かな?
耳はどこいった?

LR10PANDA-4
パッケージを見て喜んでいた子供も、開けた途端「変なの〜!」と爆笑しながら去っていきました。
うん、君の感覚は正しい。私もそう思うよ。
一人テラスで紫煙をくゆらせながらパンダと共に黄昏れました。

LR10PANDA-5
悔しいので、ソロテントを張って実際に使ってみました。
LR10はこれくらいのサイズのテントに最適。ソロキャンパーであれば、できるだけ荷物は小さく、軽くしたいところ。星空や焚き火を眺めて静かに時を過ごしたい人にとって、煌々と光るランタンは必要ありません。テントの中だけであれば、これで充分。

LR10PANDA-7
左からLow8ルーメン、Med65ルーメン、Hi250ルーメン
やっぱりMedが一番使いやすいです。Lowであれば、点灯していても眩しくありません。このまま寝れそうでした。Hiモードはこのサイズのテントでは明る過ぎます。まず、使うことは無いでしょう。
高演色のニュートラルホワイトの光りは存外に良いです。もっと低色温度でも良いのではないか?と最初は思いましたが、使っているうちに丁度良いものに感じてきました。

LR10PANDA-6
NITEIZE(ナイトアイズ) RADIANT100 レディアント100 とのサイズの比較。

パンダようなのイラストに関しては、もう何も言うまい。
ポケットサイズのランタンとしてLR10 PANDAは優秀です。このサイズで250ルーメンという数値に目が行きがちですが、実際に想定された使い方をしてみますと、そこまでの明るさも必要ないように感じました。ファミリーでキャンプするような場合には、足りないものかも知れませんが、ソロキャンプや車中泊であれば、必要充分な性能かと思います。

NITECORE(ナイトコア)LR10 PANDA ブラック 高演色LED搭載 パンダグラフィック ランタン