kx2-2200k-1
H2T KX2ヘッド SUREFIRE E系ヘッド本体+お好みのカスタム LED1灯

アカリセンターのHATTAです。本日は、H2Tのカスタム施工例についてご紹介します。
大好評のSUREFIRE E2系ヘッド KX2をベースにお好みのLEDや明るさをカスタマイズ出来るサービスです。KX2ヘッドそのものの価格を考えると、ものすごくお得なサービスでございます。

今回のご依頼内容は、足元を照らせるくらいで、2200K(ケルビン)の低色温度白色仕様のもの。3000Kがウォームホワイトと表現されることが多く、それを下回るケルビン数の白色がラインナップにあり、且つH2Tで載せられるものは、CREE社の XP-E2のみとなります。

kx2-2200k-2
2AAのミニマグライトより明るく、配光もきれい。でも、光りの色は限りなく近い。ナイトミュージアムがあれば、この仕様で行ってみたいです。
ナイトミュージアム 大恐竜博2011

これまで高出力系のカスタムが多かった中、明るさを敢えて落として、しかも低色温度、と言うカスタムのご依頼も増え始めました。明るくはないのですが、ランタイムが稼げる点が、最も合理的なメリットとして考えられます。ただ、実際に低色温度のLEDを載せるお客様は、必ずしも合理的なメリットを追求しているわけでもなさそうです。

kx2-2200k-3
出力は90mAhに抑えております。XP-E2は小型のLEDです。サブLEDとして載っている事が多く、最大でも1000mAhしかかけられませんが、レンズタイプのヘッドとの相性は良く、中心光は鋭く、明るくなります。

kx2-2200k-4
夕暮れ時に低く差し込む西日のような雰囲気、、、
狭角な照射になりますので、低いルーメン値でも、照射距離に優れます。つまり、KX2ヘッドの製造当時のLEDに近いサイズをしているので、レンズとの相性が良いことが功を奏しているのだと思います。

全く熱は持ちません。3Vでも使用できるよなっているので、E1eボディでも使用可能。明るいライトはいっぱいありますから、このような仕様の製品も良いかと思います。新商品で発売される製品は、どうしてもセールスの都合上、「ルーメン主義」に流されざるを得ません。特に最大市場の北米ではその傾向が顕著であり、「敢えて暗い仕様」という製品を見つけることは困難です。
ただ暗いのではなく、特別感があり、しかも高効率な新鋭のLEDが載っているとなれば、、、それは魅力的に感じますが、如何でしょうか?

H2Tによるカスタムオーダーをご検討の方は、弊社のお問い合わせフォームよりご連絡お願い致します。