main

NITECORE(ナイトコア)NU25 充電式ヘッドランプ

NITECOREの極小サイズヘッドライト、NU25をご紹介しましょう。
このところ、NU05など小型ライトのラインナップを増やしているNITECOREですので、驚きは少ないのですが、このサイズで十分高性能なライトが登場しているのは非常にありがたい感じはします。

IMG_1220のコピー

手のひらに乗せるとびっくりするほど軽い。サイズ感、重量感は一般的な消しゴムとほとんど変わらない感じです。このサイズから360ルーメンが発揮される・・・。今となっては予想の範囲内ではありますが、10年前には考えにくく、20年前には想像もできない世界だったと思うと隔世の感があります。

nu25-2l

NU05はヘッドランプですので、最初からヘッドバンドが付属します。バンドに装着した状態でもびっくりするぐらいにかさばりません。3バンドではなく2バンドのタイプなので、不器用な人でもクルクルと丸めるだけで収納サイズになります。バンドは台座部分の隙間を通すだけなので、脱着も簡単。バンドがヤレて来る頃には汎用品に交換できそうです。

nu25-4l

このライトは3つのLEDを持っています。メインとなクールホワイトLEDと、サブのニュートラルホワイト高演色LED、さらにレッドLED。メインのみがリフレクターを備えていて、サブの2種類はディフューザーを備えたフラッドな配光になっています。

LEDが3つもありますが、基本操作はシンプルです。本体上部にメインスイッチとサブスイッチ(RED LIGHT SWITCH)があり、それぞれ長押しとクリックで操作します。メインスイッチが白色系(クールホワイト・)、サブスイッチがレッド系(レッドLED&バッテリーインジケーター)を司ると覚えてください。

操作消灯時点灯時
メインスイッチ クリックメイン・LOWで点灯メイン・モード変化 / 消灯
メインスイッチ 長押しサブ(NW)点灯
長押しを維持するとSOSへ
メイン・ターボモード
サブスイッチ クリックレッド点灯レッド・モード変化 / 消灯
サブスイッチ 長押しバッテリーインジケーター点灯機能なし(消灯)


各モードを点灯した後、2秒以内にクリックするとモードが変化し、2秒以上操作しない時間があると、次のクリックは消灯します。また、消灯状態で両方のボタンを同時に長押しすると、誤操作を防止できるロックアウト状態になります。解除する際はもう一度同じ操作を繰り返します。

特徴的なのは、赤LEDの操作が完全に独立しているので、赤色点灯をさせたい場合に間違って明るい白色LEDを点灯させてしまうミスが減ること。赤色LEDは星空観察など、暗所視力を維持したまま星図などを見たい場合に使用します。間違って強力な白色LEDを点灯してしまうと、暗所視力が戻るまで數十分が必要になるため重要です。NU25の赤色(LOW)の明るさは、星図等を見ることはできる最低限に近い明るさなので、活用の機会が多いかと思います。

IMG_1327

赤色LOWを写真で表現するのは困難です(笑)。かといって明るさをあげて撮影しても意味はないので、赤色HIGHで代用。配光は同じです。どうでしょうか、雰囲気は伝わるかな。赤色HIGHであれば普通に歩ける明るさはあるのですが、単色LEDですので遠近感が損なわれてしまうため危険です。そして対向する人には赤色といえども眩しいと思いますので、HIGHで歩き回るのはお勧めできません。

IMG_1329

サブのニュートラルホワイトも赤色同様ディフューザー越しの照射なので、フラッドかつワイドな光です。目の前を広く均一に照らすので、照り返しが眩しくなく、地図や書類の確認には最適。高演色なので、色分けされた地図でも見やすくなっています。地図の青文字や傾斜を示す色分けなどは一般的なLEDでは見づらいものの一つですね。この特色から、料理の際には食事を美味しく見せてくれます。
IMG_1332

ワイドで、手元足元には十分な光ですので、このモードでも歩行可能。視界が広いこと、演色性が高いため足元の凹凸を捕らえやすく、よほど足場が悪い場所でなければ問題ないかと思います。

IMG_1245

メインのクールホワイトは、常用1-38-190ルーメン。ターボモードは380ルーメン。このサイズとしては十分な明るさ。全般的にワイドな配光ですが中心光も同時に存在し、10m以内のレンジでの視認性を高めたものになります。ヘッドランプは拡散気味のワイドな配光の方が使いやすいのでこれが正解かと思います。

電池の容量的な意味でも、HIGH・TURBOの出番は短時間で済む場合に限られます。実際通常の歩行であれば38ルーメンで十分かと思います。さらに大光量の380ルーメンの出番はそれほど多くないでしょうね。放熱的にも厳しいと思われ、メーカーの公称持続時間は理論値による参考時間になっています。無理に380ルーメンを使い続けるのはやめた方が良さそうです。もともとそういう性質のライトではございません。

nu25-7l

充電はマイクロUSBケーブルを使用します。商品にケーブルは含まれますが、多くの方は既に持っているかもしれません。充電中はスイッチ内部のインジケーターが点灯して知らせます。充電が完了すると消灯します。インジケーターの光は微弱なものですが、アウトドアユースを考慮する場合は十分かな。目を刺すようなパイロットランプよりは望ましい仕様です。

DSC01344

むやみに明るいモードで付けっ放しにしたい人は別ですが、一般的な使用範囲を守れば、1泊くらいならなんとかこなせる容量があります。例えば日帰り登山のお守りが割としては十分以上のものです。充電式ですので、毎日のジョギングや散歩に活用したい方にもむきますし、それに応える軽量コンパクトさ。そういったヘッドライトを使いこなせる方にはオススメしたいライトです。

NITECORE(ナイトコア)NU25 充電式ヘッドランプ