P5P6AMBER-1

アカリセンターのHATTAです。本日は、H2Tのカスタム施工例をご紹介します。以前ご紹介したLED LENSERを素材するカスタムがご好評で、「自分のモデルもできますか?」とお問い合わせを頂く機会が増えました。LED LENSERは、比較的息の長いライフサイクルで入れ替わるブランドですが、今年の初めに改変があり、それに伴って型落ちするモデルが出来ましたので、この期にカスタムをご検討された方も多かったようです。

参考記事
LED LENSER P6 CREE XP-E2 LED換装例 ウミガメ観察用ライト

P5P6AMBER-2
前回は、2AA(単三電池2本)のP6でしたが、今回ご紹介するのは単セル1AAのP5.2です。明るさは、2AAよりも落ちますが、テールスイッチ付きのフォーカスレンズモデルとしては、充分にコンパクトで携帯性に優れたモデルとして、弊社ではP6と並んで人気のアイテムです。
型番の後ろに「.2」と付くモデルは「ドット・ツー」と呼ばれ、ボディの表面がフローズン加工(細かな凹凸が付いた仕様)されたモデルです。艶消しなので、傷や汚れも多少目立つ部分はありますが、それを差し引いても、カッコいい表面処理だったと思います。

P5P6AMBER-3
LED LENSERのレギュラーモデルの最大の特徴といえば、前後に動くヘッドに合せ、配光がワイドやスポットに切り替わる様は、他社製品には無い魅力と実用性をもつ機能です。マスプロメーカーになりますので、基本的には白色光の物が殆どです。「他人とは一味違ったモデル」として、「色」を楽しむのもアリかと思います。

P5P6AMBER-4
ワイド配光は、サークル状で中心光の無い、面で対象を捉えるものです。書類など平たいものを照らすのに特に適しており、近距離で照射しても眩しく感じ難いのが特徴です。

P5P6AMBER-5
アンバーに限らず、様々なLEDが搭載可能です。ライトのサイズや使用電池種、オリジナルのLED種になどによって、換装できるLEDは異なってきます。こんなのが載せられますか?とか、色を変えたい、と言うザックりしたお問い合わせでも構いません。お調べしてお答えします。
アドバンストフォーカスを活かして、オリジナルよりもスポットなモデルだって作れます。搭載するLEDに因りますが、リフレクターを使用したモデルよりも、より顕著な変化が楽しめるかも知れません。

H2Tによるカスタムオーダーをご検討の方は、弊社のお問い合わせフォームよりご連絡お願い致します。