_main


前回に引き続き本日もH2Tのカスタム品のご案内になります。しかもまたオレンジ系。カスタムというよりも、バリエーションのご案内という形になるかもしれません。CREE XP-E2 2200Kのご紹介です。

当店スタッフの希望により、H2Tに2200Kモデルの制作を依頼いたしました。雷光小塔をベースとし、燈Eの明るさに設定した贅沢仕様のE系用モジュールと、KXヘッドカスタムでLED換装のみを行ったヘッドユニットの2点になります。

IMG_9959

まずは雷光小塔の方。電流量は60mAとごくわずか。計算してみますと15ルーメン相当程度でしょうか。「そんなの何に使うの?!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実にこれが素敵でございます。

_IMG_9930

色味の違いがわかりやすいように並べて撮ってみると、こんな感じ。
2200Kは琥珀色に近い雰囲気です。一般に「電球色」と言った場合は3000Kほどですが、電球時代の末期は電球自体の技術向上により効率が増しており、3300Kほどあったようです。赤味強めの設定のLEDでも2700Kほど、最近になってインテリア関連では2200Kが出つつありましたが、フラッシュライト業界では初出かもしれません。

_IMG_9950

依頼したスタッフが机の上でこのように点灯させていましたので、ランタイムの計測をしているのかと思ったのですが、単に癒しの光だということです。このカスタムが万人受けするとは思いませんが、こうして並べてみると色温度の差も素敵な感じがします。キャンドルがわり・・・には高価すぎるかな?

ついでにランタイムも測ってくれればいいのにと思うのですが、点灯時間が非常に長いため1日の業務内では計測できず厄介です。計算上、16340電池1本でも10時間ほど、CR123A電池1本では電圧が低いためやや暗く点灯するせいもあり、20時間近いランタイムがある計算になります。


さらにアンバー色のXP-E2モジュールと比較してみましょう。KXカスタムの方で比較してみます。

XP-G2 アンバー 1000mA
XP-E2 2200K 700mA

という設定ですので、明るさの差は単純に電流量の設定の差、配光の差はLEDの特性の差ということになります。あくまでも色味の違いを見ていただきたいと思います。

IMG_9966
IMG_9967


このアンバーはいわゆる色がわかるアンバーになります。そのぶん、ノーマルのアンバーに比べて必要電圧が高く、やや効率に劣ります。この辺りは白色LEDのノーマルと高演色の関係に似ているかもしれません。データシートを見る限り、青〜紫よりのカラーは判別しにくいと思いますが、緑〜赤の範囲はかなりわかりそうな雰囲気です。それでも、辺りをオレンジに染める強烈な光は見事です。

一方の2200Kは「白色」LEDですので、ほぼ全域で色がわかるものとなります。
「白色!? オレンジっぽいじゃん!」
と思うかもしれませんが、この場合の白色(WHITE)は、波長が可視光の領域をほぼカバーしていることを意味します。ですので黄色っぽい白色LEDも、青っぽい白色LEDも存在します。

こうしてみるとわかりやすいかな。中段の棚、左の商品のパッケージは赤、中央は緑、さて右は何色でしょうか。

IMG_9969
_IMG_9968


下の写真の方が圧倒的にわかりやすいのが理解していただけると思います。


しかし、一般の電球色と比較すると赤みを帯びていた2200Kが、アンバーと比較すると何だか「普通の電球色」に感じてしまいます(笑。この、感覚の錯誤は照明関係では非常によく起こります。
アンバーのような単色LEDは、周辺の景色をシネマチックで非日常的な雰囲気に一変してくれるのが魅力です。2200Kは日常と非日常の狭間と言ったところでしょうか。

ノスタルジックで、しかしちょっと癒されるようなオレンジの光。他店ではまず見かけることができないシロモノかと思います。ここまで手を出せばかなり酔狂。ご興味がございましたらご相談くださいませ。

H2Tのカスタムに関するご質問やお見積もりは、弊社のお問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。