3AAHAZLO-1

STREAMLIGHT(ストリームライト) 055BX 3AA ハズロATEX防爆 単3電池3本使用 LEDヘッドランプ

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムは米国 ストリームライト社の防爆ヘッドランプ HAZ-LO(ハズロ)でございます。ハズロシリーズはヨーロッパのATEX防爆を取得したシリーズの一つで防爆基準の最も厳しい0種場所(ゾーンゼロ)で使用可能なものです。日本国内でもメジャーなモデルでもあります。

使用電池は単三電池を3本使用し、明るさは120ルーメンと非防爆モデルと比べると明るさが抑え気味ですが、その分ランタイムは長く、長時間の連続点灯が想定されております。

3AAHAZLO-2
オーソドックスなリフレクターを使用。アルミが蒸着されたリフレクターには細かな凹凸があり、光りを散らす効果があります。ただ、リフレクター自体はやや深く、光源となるLEDも小型の物が採用されております。その為、中心光はかなり狭角に鋭く飛びます。ガスや蒸気など常時危険場所で使用されることが想定されており、明るさ以上に煙中透過性が重視された故の仕様だと思われます。

風防レンズの付いたフェイスキャップは樹脂製で、ラバー製のプロテクターで固定されております。落下、衝撃に強くガラスのように割れることはありません。低反射加工されたガラスレンズような美しさはありませんが、「現場」で使うライトですから美しさより「実利」重視です。このような仕様は各所に見られます。

3AAHAZLO-3
スイッチボタンはボディよりもやや凸ったものでON/OFFのみのシンプルなスイッチです。カッチン、カッチンとバネのテンションを感じる機械式スイッチは確かな操作感があり「押している感」があります。また、凸った形状なのでグローブをした手で触ってもその位置が分かり易く頭に付けた状態でも操作がし易いです。作業中に調光をすることはまず無いライトなのでこのようなシンプルな仕様が一番良いと思います。

3AAHAZLO-4
バッテリーケースカバーの反対側には防爆認証の詳細が記されております。中心付近にある小さな穴は万が一ライト内部でガスが発生した際のベンチレーターです。防水性とは関係はあまりありません。

3AAHAZLO-5
単三電池を3本、ワンピースタイプのボディに装填しますので割とゴツいです。電池は専用のカートリッジに装填し、ガイドに従ってボディに挿入します。ガイドがボディ側に付いておりますので間違えることはありません。

3AAHAZLO-6
ずんぐりむっくりのボディライン。重量は電池込みで約128gあるのでやや重たいです。角度を変えるチルトは内装式で確りとしております。重さは感じますが自重で傾くことはありません。

3AAHAZLO-7
標準の布ゴムバンドの他にラバー製の1本バンドが付属します。ヘルメットなど表面が滑る帽体への装着時に便利です。

3AAHAZLO-8
配光は先述したとおり狭角な中心光があり、その周辺に薄い周辺光が発生します。一般的な手元、足元作業で使用するヘッドランプとは異なるものです。0種場所という特殊環境下での使用を前提としており、防爆ではなく純粋に手元作業用の物をお探しの方には他のモデルをおススメします。

3AAHAZLO-9
ガスや蒸気など常時危険場所では集光された中心光軸がその強みを発揮します。
ヘッドランプといっても様々なモデルが存在します。明るさ重視のものから、サイズや重量が軽いモデルまで様々。その中でもストリームライトのハズロはそのどれにも該当しないモデルです。

このヘッドランプは見た目や明るさなど目に見えて分かるスペックにはない「安全」を最優先したものあり、我々の日常を影で支えるプロフェッショナルが使う灯具でございます。

STREAMLIGHT(ストリームライト) 055BX 3AA ハズロATEX防爆 単3電池3本使用 LEDヘッドランプ