054P-1
STREAMLIGHT(ストリームライト) 054P ENDURO PRO エンデューロプロ 単四電池3本使用 LEDヘッドランプ

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムは米国ストリームライト社の新商品 ENDURO PRO(エンデューロプロ)です。これまでストリームライトでは安価なヘッドランプの代表としてENDUROというモデルがありすます。同じ系統のモデルかと思いましたが、名前のみを受け継ぎ、全く違うモデルに生まれ変わりました。リーズナブルな価格は維持しており、より明るく、多機能になってお安いモデル!でございます。それでは早速製品の詳細をご案内します。

まず、輸入元さんから聞いていた話ではボディは「黄色」のハズでしたが、入っていたのは「黒」でした。「あれ?間違えたかな?」と思っていたら箱の中に黄色の「ジャケット」が入っておりました。本体そのものはブラックですが、このジャケットをつけることでイエローに変える事ができるようです。なかなか斬新で面白い!販売する側から言わせてもらうと、色違いで在庫をしなくて済むのでかなり有り難い(笑)。今後は消防用のオレンジとか、LE用にブルーとかジャケットだけ出たら面白いですね。

054P-2
さて、そんなエンデューロプロですが非常にコンパクトなモデルです。使用電池は3AAA(単四乾電池3本使用)のワンピースタイプのヘッドランプとしてはオーソドックスなスタイルです。重量は電池込みで約96g!100gを切っております。手の平にすっぽりと収まるサイズで非常にコンパクトに感じます。ヘッドバンドは25mm幅の布ゴムバンド。センターバンドの無い1本タイプです。

054P-4
スイッチは頭頂部にあります。プッシュボタン式です。ボタンはボディサイズに比べ大きく軽い押し感です。グローブなどをしていても操作感は良好だと思います。
バッテリーケースの開け閉めは比較的簡単。ツールなどは必要ありません。止水パッキンはバッテリーケースの全周に有り、確りと閉じることが出来ます。防水性能はIPX4 雨天での使用は可能です。

054P-3
このヘッドランプは「3種盛り」です。異なる3種類のLEDがこの小さなボディに載っております。メインの最大200ルーメンのスポット光は一番大きなコリメータレンズ部、その上のハニカム状の拡散レンズが付いたのが最大135ルーメンのフラッド光、そしてその両サイドにある窪みの部分に赤色LEDが2灯付いております。それぞれ別々に点灯します。照射距離や目的に応じて使い分けられるのが特徴です。

054P-6
工場出荷のディフォルトではスポット光から点灯します。必ずLowモードスタート。品名のエンデューロからしてアウトドアアクティビティでの使用が想定されているので、Lowモードスタートは現実的な仕様だと思います。

点灯LED種を変更するには何れかのLEDが点灯している状態で約2秒長押しすると次の光源に変ります。スポット→拡散→赤色→スポット...の順にサイクルします。何れかの状態で消灯するとそのLED種が記憶され次回点灯時は消灯前のLED種で点灯を開始します。

054P-8
スポット 200ルーメン。
3段階調光が可能です。明るさの推移はダラっと落ち。段々と暗くなって行きます。価格の安いモデルで且つ単四電池使用ということもあり、初期照度を長時間維持することは出来ません。代わりにイキナリ消灯することも無いので、補給が困難で長時間使用するような環境であれば、むしろ適しているものかと思います。
何よりも目を引くのが配光の良さです。スポットと言ってもリフレクターのそれとは異なり、中心が一番明るく、ムラの無い周辺光が広くフワッと広がるタイプです。弊社取り扱い品ではSILVAなどのスポーツ用のヘッドランプで見られるような感じのよいものです。あまり、ストリームライトらしくありません(笑)。

054P-9
続いて拡散のフラッド光。
こちらも3段階の調光が可能。とにかく光りは飛びません。代わりに手元をムラ無く広く照らすことが出来ます。COBほどの広がりではありませんが不足は感じません。手元作業であればこちらのモードがおススメ。こちらは最大でも135ルーメンと控えめなこともあり、初期照度からの落ちは緩やかです。本当に次第に暗くなっていく感じ。手元の作業であればこちらのモードの方が明るさの維持という点でも良好だと思います。

054P-10
最後が赤色LED これがビックリするぐらい「本気仕様」
赤色は2段階なのですが、Hiモードでも1ルーメンありません。ちなみに上記の写真は0.08ルーメンのLowモード。Hiで0.37ルーメンです。いろいろなメーカーが「ナイトビジョン用です」と言っている製品でも結構明るい「赤」を載せているモノがあります。実際に灯り一つない場所でそれを光らせると赤にも関わらず夜目を失いそうになります。しかーし、これだけ暗ければ何の心配もありません(笑)。意外なほど本気モードの赤色光に驚きました。

054P-7
ボディはポリカーボネート熱可塑性プラスチックを使用。丈夫で軽く、落下衝撃性能2mは優秀。最初からライトユニットは若干前にチルトしており近くを照らし易くなっております。もちろん、多段階での角度調整も可能です。
ボディのスタイルからしてかなりスポーツ、アウトドアブランドのデザインに近いものです。ジャケットの色が黄色なのでインダストリーっぽさはありますが、スポーツ用品店に並んでいても何ら不思議ではないものです。その性能もインダストリーのゴッツイものより、もっとプライベート感のあるものだと思います。

配光が良いのと手頃な価格であるのが最大のウリです。超広角のCOBを載せたBANDITも良いですが、もうちょっと先まで照らしたい、、、というご希望があればこちらの方が良いかも知れません。乾電池が使えるという手軽さもちょっと使いのユーザーにピッタリかと思います。

STREAMLIGHT(ストリームライト) 054P ENDURO PRO エンデューロプロ 単四電池3本使用 LEDヘッドランプ