CS3-1
LEATHERMAN (レザーマン) JUICE CS3 オープナー マルチツール ナイフレス

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはLEATHERMANの新商品 JUICE CS3です。キャンプ系のマルチツールを得意とするジュースシリーズの最新モデルの一つであり、機能は「開ける仕事」に特化したマルチツールです。ツールを展開すると3個しかありませんが、「栓抜き」部分は「缶きり」を兼ねております。

CS3-3
折り畳んだ状態でも目立つコルクスクリュー
ご想像の通りワインを開ける為のコルクスクリューです。最近はこれを使うワインも減ってきておりますが使えることが重要です。イザその場にコルクスクリューが無ければ開けられないワインがあったとすればそれは悲劇としかいいようがありません。付いていることが重要です。

CS3-5
なお、このコルクスクリューを展開しようとすると缶オープナーが上記のように一緒に展開します。ソムリエナイフでワインを開けたことがある方なら分かると思います。実は缶オープアナーがアシストとなります。テコの原理で開けるきっかけを作ってくれます。何気にこれはポイント高い機能かと思います。

CS3-4
缶オープナーはこの位置まで開かないと使えません。日本ではあまり栓抜きは使いませんし、缶きりも使う機会が減りましたが、キャンプ先で開けられないビール瓶や鯖缶があったらこれまた悲劇です。付いていることが重要です。

CS3-6
恐らく一番使うであろうハサミはスプリングサスペンションタイプ。ハサミも最大限展開しないとバネ板が引っ掛からず使えません。しっかりと展開してお使い下さい。

CS3-7
ハンドルと合せて持てるのでハサミの使い勝手はかなり良好です。少なくともフルサイズのLEATHERMANについているその他大勢のツールの一つであるハサミよりもはるかに使い易いです。

CS3-8
メーカーの説明にはありませんが缶きりツールはダンボールやプラダンなどに切り込みを入れるのにも便利です。ナイフほどの切れ味はありませんし、ソムリエナイフにも使えるか微妙ですが、ツール自体の素材はステンレスなので「どうにかしようと思えばどうにかなる」という認識です。鉄ヤスリを片手に何か施したくなります。

CS3-2
収納時のサイズは82.5mm 
かなりスリムでコンパクト。通常で有ればナイフを付けて欲しいところですが、ナイフレスです。ただ、キャンプやアウトドアを楽しむ方であればナイフは別に持っている可能性が高いです。「マルチツールのナイフなんて」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。それは当然の考えだと思いますし、実際別々に使えたほうが便利です。はっきり言ってしまえばキャンプでも「コルクスクリュー」も「缶きり」も使わない可能性があります。しかし、前述した通り無いと悲劇なわけです。ですから機能を出来るだけ絞ってコンパクトかつ軽量にし、他のキャンプツールと一緒に活躍する機会を待つためのツールなのです。

ベンチスタートのスーパーサブ、そんなイメージのマルチツールがこのCS3です。
CS3-0
カラーはモスグリーン、ブルー、オレンジレッドの三色。モスグリーンが結構素敵です。

LEATHERMAN (レザーマン) JUICE CS3 オープナー マルチツール ナイフレス