EXPLORE2-1
SILVA (シルバ) EXPLORE2 エクスプローラー2 単四電池 3本使用 LEDヘッドランプ

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはスウェーデンのアウトドアブランド SILVAのヘッドランプ「EXPLORE2」になります。白色光の他の他のライトでは珍しい「アンバー」をサブLEDに持つヘッドランプです。アウトドアユースに特化した明るさ、配光、そして機能が盛り込まれております。

EXPLORE2-2
SILVAのヘッドランプについて以前からご存知の方であれば突っ込みどころ満載でしょう。なぜならば見た目は完全にNINOX2だからです(笑)。正直申し上げるとNINOXシリーズは廃番となり今後この形状のモデルがEXPLOREシリーズとして継続されるようです。なので、明るさや機能的にはNINOX2のバージョンアップ版といった感じです。

EXPLORE2-4
照射に関するLEDは3箇所あり、色温度が左右で異なる白色系LEDが2灯、中心に赤とアンバーのサブLEDが付いております。写真向かって右がクリアレンズで色温度は約6000K、左の拡散レンズが約5000K、CRI値も85付近があり演色性も良好。この二つの光りが交じり合って手前から先まで過不足ないナチュラルな配光になります。一点のみが明るくなるようなものではありませんし、全然飛ばない光りでもありません。使った方でないと分かり難いのですが、「過不足無い」が一番的確な表現の配光かと思います。

EXPLORE2-5
スイッチと電池蓋は左右にあります。一応上下があるヘッドランプですが、ライトユニットは無段階に180度回転するので仮に上下を逆さまにしても取り外す必要はありません。チルトを調整するだけでOK。旧型のNINOXと比べてもチルトのテンションと動き具合は良くなっていると思います。

スイッチボタンは少し窪んだデザインをしており、誤点灯し難くなっております。スイッチの触感自体は軽めです。1回プッシュするとHiモード点灯、続けて2回でMed、3回でLow、4回で点滅のサイクルモードです。消灯するにはスイッチ長押しです。何れのモードからも長押しで消灯できます。メモリー機能は無く必ずHiモードより点灯します。
サブLEDモードを起動させる場合は、消灯時にスイッチを長押しすると赤LED点灯、その後プッシュするとアンバーが点灯します。スイッチを押す毎にあ赤とアンバーが入れ替わります。これちらも長押しで消灯します。
なお、消灯するとサブLED部付近のインジケータランプが短時間点灯します。緑なら70-80%の電池残量、黄色で40-50%、赤色だと20-30%です。目安として便利です。
EXPLORE2-3
白色の最大光束が250ルーメンにアップしたので手元を照らすにはHiモードスター度だと結構眩しく感じます。せめてMedモードスタートにして欲しかったかな、、、と思いました。サブLEDに関しては優秀です。特にアンバー!
EXPLORE2-10
赤もアンバーも暗所での夜目保護には向いておりますが、アンバーであれば色の認識が多少なりともできます。赤では「RED or BK」の世界になってしまいますが、アンバーであれば青などは多少認識することができます。マップなどに書かれた色文字やマーカーの識別はアンバーの方が便利です。

EXPLORE2-6
バッテリーケースの蓋が改善されております。
NINOX2はヘッドバンドに付いていたオープナーツールを使う必要がありましたが、EXPLORE2はツールレスで開けることが出来ます。蓋部分は滑り止めのシリコンラバーで覆われており、指が掛かり易くなっております。また、NIONX2は完全に蓋が外れるデザインでしたが、EXPLORE2は旧型のNINOX同様ボディと伸縮性のあるゴムのようなもので繋がっております。旧型の頃はよくこの紐部分を切っちゃう方が多かったのです。今回のモデルは構造的に切れ難い箇所についておりますが、強く引っ張る必要は無いので無理の無いご利用をお願いいたします。

なお、相変わらずタイトな設計です。ワンピースモデルですが、このライトほど中身が丸見えなライトもありません(笑)。ただ、バッテリーケース蓋には防水Oリングが付いており、IPX7の高い防水性能を有します。

EXPLORE2-7
サイズや重さはNINOX2と同じ。コンパクトで嵩張らずリュック等に入れても邪魔になりません。電池、バンド込みで約90g!! ワンピースモデルは軽さがなんと言っても魅力ですね。
ベルト幅は30mm 比較的太く確りとしたものです。頭に直接付ける事もできますし、バンドの裏面にシリコンゴムのラインがありヘルメット等にも付け易くなっております。シリコンバンドンやヘルメットクリップを使った方が確実だが、これだけでも使えると思います。

EXPLORE2-9
Hiモード250ルーメン
次回は屋外で照射します(笑)。SILVAのインテリジェントビームはやはり優秀です。弊社取り扱いの様々なメーカーのヘッドランプの照射パターンを見てきましたが、これに敵うものがあるかといえば難しいかも知れません。もちろん、明るさはいくらでもこのモデルより明るいものは存在しますが、ワンピースモデルの3AAA(単四電池3本)で使えるコンパクトなモデルとしては充分に明るいモデルと言えるでしょう。

EXPLORE2-8
今回のEXPLORE2から収納袋が付属します。ライトを入れておくための物ですが、ライトを点灯させて袋に放り込めば即席のテント内照明に!というコンセプトらしいです。試しましたが、微妙かも(笑)。使うとすれば赤やアンバーにして常夜灯として吊るすかな?おまけ程度に思ってください。

旧モデルと比べて格段に明るさが増しました。NINOXの優秀な基本性能を引き継ぎ、アウトドアユースに適したサブLEDを駆使することで定番のキャンプヘッデンになりうる性能を備えております。各所に程された改良点も伺えるこの秋おススメのモデルです。

SILVA (シルバ) EXPLORE2 エクスプローラー2 単四電池 3本使用 LEDヘッドランプ