HALO-1
KLARUS (クラルス) HALO SHIELD ハローシールド FH10専用 遮光フード

アカリセンターのHATTAです。本日ご紹介するアイテムはかなりニッチでインパクトのあるパーツです。KLARUS HALO SHIELD(ハローシールド)は同社のFH10に取り付け可能な遮光フードです。材質はアルミ合金でボディ同様BKのハードアノダイズド表面処理が施された「筒」です。取り付けはFH10のベゼル部にあるネジピッチに相当し、工具無しで脱着が可能です。

HALO-2
フードを付けたFH10はこんな感じになります。いろいろな意味でOUTな感じです(笑)。
このフードを装着することでFH10独特の漏れ光をシャットダウンすることが出来ます。集光されてより明るくなるとか、照射距離が伸びる、と言った類の物ではなく、「配光を整える」パーツになります。

HALO-3
壁に近いところで「ワイド」モードで照射すると周辺光が壁に映りますが、フードを付けると全くそれが表れません。空気中に媒介となる水分や煙りが無ければ真横からは光が照射されていることさえ分かり難いと思います。中心のスポット光のみがポンと暗闇を照らすような配光になります。

HALO-4
スポットに絞っても効果は得られます。フードを付けていないと結界のような細い円環状の光りが周囲に照射されますが、これを付けると全く表れません。配光はかなり綺麗なスポット光になります。

HALO-5
配光を整えるだけのアイテムではありますが、特異な凸レンズを使用したFH10ユーザーには特におススメしたいアイテムです。一応、FH10は「ハンティングライト」というフレコミの製品です。ただ、日本では夜間の猟は原則禁止されておりますので活躍の機会はない製品だと思います。では、このライトはどのような方がご利用になるかと言うと、、、一番多いのが「星の観測会での指示棒代わり」なんです。あくまで当社しらべです(笑)。
というのも、指示棒にレーザーを使っていた方が多かったのですが、小型のレーザーデバイスは壊れいやすく、コンプライアンスが声高に上がる昨今の事情を鑑みるとレーザーを使用するメリットはありません。FH10の集光性能はレーザーには敵いませんが既にお使いのお客様からは好評のご意見を頂いております。レーザーと違って懐中電灯としても使えるので汎用性の高さも人気の理由の一つかと思います。

そんなFH10の配光を整える本製品はFH10ユーザーには是非手にしていただきたいアイテムです。あまりにニッチ過ぎるので次回入荷はあまり考えておりません。何卒御了承お願い致します。

KLARUS (クラルス) HALO SHIELD ハローシールド FH10専用 遮光フード