H2TRAIKOU-1
H2T 雷光壱眼 (RAICOU ICHI GAN) P60互換 ドロップインLEDモジュール

アカリセンターのHATTAです。SUREFIRE 6P系のキセノンバルブをLEDモジュールへと変える為のドロップインモジュール雷光壱眼のカスタムサービスについてご紹介致します。レギュラー商品として可能な限り在庫しておりますモデルは主に明るさ重視のコンバータを搭載したモジュールでございます。しかし、人によっては「もっと暗くても良いのでランタイム重視」とか、「レギュラー品にないLEDを載せたい」などのご要望があります。弊社の提供しますH2T商品に関しては特殊なLEDや仕様で無い限り、レギュラー品と同一価格で販売しております。

H2TRAIKOU-2
例えば、CREE社のXP-L NW(ニュートラルホワイト)で明るさ250ルーメンくらい、、、となりますと6-12Vで700mAのコンバータを載せたものとなります。レギュラー品であれば2000mAとなります。出力の数値を見ると1/3程度となりますが、明るさ自体は1/2弱くらいの感覚です。また、発熱も穏やかで非常に高効率に点灯していることが分かります。

H2TRAIKOU-3
室内5mでの照射
雷光壱眼のリフレクターはやや拡散系になる細かな凹凸の付いたテクチャーパターンのものです。リフの深度やそれなりになるので、やや小ぶりながらハイパワーのXP-Lを入れますとそれなりに中心光軸ははっきりと出ます。これがフルドライブの仕様だと中心光が強く出ますが、700mAでは全体的な光りの広がりを感じます。

H2TRAIKOU-4
室内10mでの照射
距離が10mにもなると中心光の存在は弱くなります。しかし、充分に照らしていることは確認できる程度の明るさがあり、周辺光の明るさも相まってバランスが良いものに感じます。明るさも充分にあるし、ランタイムもレギュラー品よりもさらに伸びるとあって同じような仕様をご希望されるお客様は多いです。

単純にルーメン値だけを競うと完組みの中華ライトに敵うことは難しいです。しかし、同じ電源(電池)を使用する以上、明るいモデルの方が長く点灯するということはほとんど有り得ません。もちろん、搭載LEDの効率によってそれは変わることですが、新鋭のLED同士であればさほどの違いはありません。つまり、明るければそれだけ早く暗くなります。また明るい光るほど熱に変換されやすくなり効率はさらに悪くなります。

6PボディにわざわざLEDモジュールを入れて使おうなどとお考えのユーザーであれば「明るさだけ」を求めている方は少ないかもしれません。そんなお客様向けのサービスです。在庫にないLEDの場合は納期にお時間がかかるなど即納やキャンセルには応じることが出来ないデメリットもありますが、自分にピッタリのLEDモジュールをご希望の方は是非ご検討いただきたいと思います。

搭載LED種や色温度、演色性、明るさなど、ご希望があれば可能な限り承ります。カスタムに関するお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願い致します。