main

ACEBEAM(エースビーム)M20 単四電池1本使用LEDキーライト
本日は前回に引き続き、ACEBEAMの新商品です。単四電池を1本使用する、人気サイズのコンパクトライト、M20です。

IMG_9776

ボディカラーは2色。TANとBLACKです。昨今のスタンダードカラーだと思います。と言っても、TANはやや上品な色合いです。シャンパンゴールドというと少し大げさですが、多少華やかさのある色彩です。
IMG_9787

サイズは指一本にも満たないコンパクトなサイズ。このクラスになると、大きさ・重さともに大差はないですけどね。真鍮性のOLIGHT I3S CUであっても、ポケットの中で存在感を失うレベルですからアルミのACEBEAM M20ならば尚更です。

IMG_9783

表面はM10同様に荒目でなだらかなチェッカリングに覆われています。この感じ、なんだっけ?と思っていましたが、爬虫類の表面を思い出しました。手に食い込むようなものではありませんが、十分かと思います。素手で扱うツール、ましてやこう言ったEDCツールに過剰な滑り止めは不要かと思います。このチェッカリングは個性にもなっていて、見慣れてくるとACEBEAMらしさを感じます。他ブランドでは見かけない雰囲気です。

IMG_9784

人によって好みにうるさくなってしまうのが、単四ライトのお尻。一般的なのは、底面の一部をナナメに切り落とした仕様ですが、M20は突起部をつけて穴を確保しています。ベゼルアップで立てることはできませんが、つるした時には斜めにならず安定感があります。

IMG_9821

操作はシンプル、ヘッドをひねるだけ。締め付けると点灯する一般的なタイプ。必ずMEDから始まり、消灯してすぐに再点灯するとLOW、HIGHの順に移行します。モードメモリはなく、MEDスタート。個人的には好きな仕様です。とりあえず、MEDで点灯してくれればこの手のライトは十分役に立ちます。MEDの明るさが好みにあっていれば、モードメモリがあるよりは使いやすいと思います。

IMG_9794

公称150ルーメン。最近の単四ライトとしては標準的な明るさですが、この出力では電池が長くは持ちません。ある種のお楽しみモードと言って良いでしょう。配光はワイド。もともと集光しづらい単四機種ですが、その中でも比較的広い方だと思います。5mも離れると、中心光の存在を感じにくくなります。手元足元に最適なほか、こういった狭く長い場所では非常に使いやすい配光の一つです。

IMG_9793

こうして手元・足元の光が必要な時、常時MEDスタートは良いものだと思います。こうしたシチュエーションで光の質を求められることは多くありません。とりあえず見えりゃあいいんだよ!というシーンでは、MED : 30ルーメンの明るさであれば要求を十分に満たします。ワイドな配光もライトの性格に見合ったものです。

IMG_9779

使用LEDはXP-G3。XP-Lを思わせるようなドームのサイズが印象的ですが、XP-G系なので発光部分はそれほど大きくありません。ドームが大きい方が光の取り出し効率が高いそうです。また意図的なものかはわかりませんが、現在のロットはやや色温度低め、ニュートラルホワイト・・・かな?と思うような光の色。ただこういうのは頻繁に仕様が変わりますので、お約束はできません。実はリフレクターが小さめ、その分はボディの肉厚に振られています。と言っても、先端部のみの話で、ネジ部などを見ると他機種と大差はありません。

IMG_9781

単四サイズのライトでこのようにしっかりと造形されたクラウンベゼルは珍しいかな。尖塔状に削られたベゼルです。さすがに敵と戦う目的ではないと思いますが、こうした造形も男の心をくすぐる部分です。

IMG_9800

お得感を出すためか、謎のカラビナセットが付属します。カラビナはメイン部分とキーホルダー部分が混ざらないような独特の造形。スプリングは普通の力ではほとんど伸びません。単純なスペーサーとして機能するようです。ライト本体の造形は割とよくできていて、高級感もあると思うのですが、カラビナセットの方はそのような配慮は皆無です。便利かもしれませんが、言っても単四ライトですからね・・・。普通のキーホルダーとか、ポケットの中とか、そういう方法でいいような気もします。まあ、もらって損するようなものではありません。

IMG_9797

最近はキーホルダー用のライトも多種多様なものが増えました。樹脂製で軽く、充電式のNITECORE TUBEなど、新世代のキーライトが登場しています。
それでも、単四電池を1本使用するライトは、キーライトのスタンダードです。汎用性の高い単四電池を使用でき、堅牢性と質感に優れた金属ボディ。古典的かもしれませんが、どこか男の心をくすぐるアイテムと言えます。従来の製品と大きく違うか?と言われれば、性能面での特徴は大きくは異なりません。しかし必要とされる時に十分な能力は持っています。あとは外観が気に入ればオススメです。

ACEBEAM(エースビーム)M20 単四電池1本使用LEDキーライト