RAIKOUM3TXHP70-1
H2T 雷光M3T MN15互換 CREE XHP70搭載 ドロップインLEDモジュール M3T/M6装着可能

アカリセンターのHATTAです。本日カスタムオーダー品として届きましたH2Tのタワーモジュールについてご紹介します。こちらの製品はSUREFIRE社のM3TまたはM6、KT1/KT2等のターボヘッドに装填可能なLEDモジュールです。搭載LEDはなんとXHP70 LEDがでか過ぎます!レギュラー品としてはXHP50モデルがありますが、それを遥かに越える大きさです。実はXHP70はそのままではターボヘッド内に納まりません。

よく見ていただく分かりますが四隅を削っております。照射や性能に影響を与えませんが「削ってしまう」という施工はハンドメイドならではの所業です。
RAIKOUM3TXHP70-2
コンバータの使用は6-9V フルドライブ4800mAh!明るさは3000ルーメンを越えます。M6LTへのLED換装とは異なり、リフレクターを使用した配光になりますので違った迫力が得れます。レギュラー品のXHP50のタワーモジュールが3000mAhですからさらに出力の高いコンバータが内蔵されております。

明るさも驚きですが、発熱も半端ないです。間欠点灯なのに熱い、モジュールなのに熱い、、、という仕様です。

RAIKOUM3TXHP70-3
KT2ターボヘッドに納まる姿がは迫力満点。ワイドで明るい周辺光と野太い光軸の中心光が特徴です。光源自体が大きいので小さな素子と比べるとやはりそこまで飛びませんし、ぎゅーんと絞られた感じではございませんが、その暴力的なまでに荒々しい中心光軸はハイルーメンモデルの魅力の一つでございます。

CR123乾電池を使用しますと非常にお財布に悪いことになりそうな明るさです。9VまでになりますのでM6であれば18650カートリッジにIMR18650充電池を2本入れてご使用されることをおススメします。M3TであればIMR14500充電池2本と単三電池アダプター2の併用か、IMR16340 2本とダミーセルの併用が一般的かと思います。

次回にこちらの商品をご紹介する時は屋外での照射画像もご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに!

H2T 雷光M3T MN15互換 CREE XHP70搭載 ドロップインLEDモジュール M3T/M6装着可能