IMG_9098


アウトレット! マグライト ソリテール用 LEDモジュール

本日ご紹介するのは、アウトレット品。
MAGLITE SOLITAIRE用のLEDモジュールです。トーチアップグレード製。

IMG_9091

ちょっと期待のアイテムではあったのですが、ちょっと性能的に現代の目では厳しいかな、ということで、アウトレットとしてお安く出させていただきたいと思います。

IMG_9098_

明るさは画像の通り、キセノンバルブと良い勝負(笑。まずここで度肝を抜かれます。使えなくはありません。真っ暗闇であれば、靴紐を結べそう。元々のキセノンがそのレベルでしたから、文句は言えません。
キセノン時代のソリテールは、焦点調整ができました。お世辞にも美しいとは言えないものの、その機能を求める方は今でも多くいらっしゃいます。しかし、LEDモジュールではかなり難しくなります。できないわけではないものの、する意味がなさそうな範囲。できないと言い切った方がスッキリするレベルです。

IMG_9096
さらに、モジュールが円盤状のパーツに乗っていてその円盤のぶん厚みがあるため、ヘッドが閉まりきれません。幸いにも、ソリテールのヘッドは、ネジを締め込み始める前、差し込んだ時点でOリングにかかるため、防水性に大きな影響はありません。

IMG_9090

とは言え、このモジュールにも良いことがあります。それは球切れがないこと。この手のキセノン電球は、数十時間ほどの寿命しかありません。また、地面に落としたりするとその衝撃で切れてしまう可能性がございます。また、電池の消耗も激しく、あまり明るくないにもかかわらず、1〜2時間程度で電池を消耗してしまっていたかと記憶しています。

LEDモジュールに交換することで、電池寿命は数十倍、バルブ寿命も計算できないほどになります。・・・と言っても、現在は優秀な単四ライトが多数出ていますので、これを売りにするのは無理かもしれません(笑。ノスタルジーを味わえる、緩めのアイテムという位置付けがよろしいかと。

ソリテールもすでに、メーカー純正でLEDモデルがでています。明るさも37ルーメン。十分すぎるほどの明るさです。比較した結果、これを買う人は多くあるまいと、レギュラー落ちしたためのアウトレットです。

IMG_9538

しかし、実は、このモジュールにも大逆転の手があります。IMR10440を突っ込む、というもの。クワっと、200ルーメンクラスの明るさを叩き出します。明るさだけなら本家マグライトのソリテールLEDにも圧勝。まあ、あまり使い勝手のいい配光ではないのですけどね。
突っ込んでいる間は恐ろしいほどの加熱。特に、ヘッドを開けてモジュールを触ってはいけません。普通に、本当に普通に、あちっ!!となります。触り続ければ確実に火傷をする熱さです。そしてLEDの寿命も著しく削っているかと思います。あくまでとっておきのお楽しみモードです。表現は悪いのですが、自己責任にてお願い申し上げます。

リフレクター交換、フロストレンズ化など、使い勝手を改善する方法も考えてみましたが、かなり手間がかかります。とりあえずソリテールをLEDできればいい、という方か、本気のマニアの方、もしくはノスタルジーに浸れる方にしかオススメできないアイテムです。


アウトレット! マグライト ソリテール用 LEDモジュール