main


HAZARD4(ハザード4) plan-c プランC バックパック BKP-PLC
本日ご紹介するのは、Plan-b'17の派生アイテム、plan-cになります。'17という型番はつかないものの、熱成形によるセミハードポーチなど、'17の特徴を持っています。似たような商品の仕様違いのため、似たような商品説明が繰り返されるわけですが、hazard4の商品のブログを初めて見る方もいらっしゃいますので、そのような体で書くことにいたします。常連さんは寛大な御心でお見守りください(笑。


_IMG_9457

plan-cはplan-b'17同様の細くスクウェアなボディが特徴です。全幅はメーカー公称で22cmですので、A4用紙の横幅程度しかありません。これは外寸なので、内部はA4を伸ばしたまま収容するのも難しいことになります。これはplan-b / plan-cが車両などからの非常脱出などを想定したコンセプトだからです。必要最低限のものを備え、狭い出入り口に引っかかることなく出入りできるようにするため。

plan-cは背中に当たるパッド部分を除き、3面にMOLLEシステムのウェビングを備えていますが、さらにショルダーストラップにも1列だけ装備。しかも横向き。ここにポーチ類を増設するのは、安定の面からもオススメはしませんが、GLO-TOOB AAAH2T ホルダーで保持するには良いかもしれません。

IMG_9459

plan-b'17とplan-cの唯一の相違点がこのショルダーストラップ。ストラップが1本しかないスリングパックがplan-b'17、ストラップ2本のバックパックがplan-cです。どちらが優れているとは書くことができません。完全にお好みで決めていただくしかない範囲です。強いて言えば、plan-b'17の方が頻繁に内容物を取り出すのに向き、plan-cの方が重いものに向くと考えるのが道理です。

IMG_9467

前述の通り、plan-cには年号が入らないものの、plan-b'17と同様の仕様。もっとも特徴的なものがこの背面上部の熱成形シェル。適度にしなやかで硬い素材になっています。バッグを何かにぶつけても、直接ダメージを与えずにすみます。特に角がめり込むように当たった場合は、それなりの防御力があると思われます。もちろん、限度はありますけどね。

IMG_9479

背面下部のポーチはサイズも十分にあり、内部にもポケットが装備されているので、タウンユースでは財布や携帯電話、ペンなどを収納するのに良さそう。頻繁に使用することになる場所かと思います。

IMG_9462

このポーチに備えられたモールシステムはフラットなタイプで、これも'17の特徴。こちらの方が軽く、引っかかりにくいため最近のMOLLEウェビングでは使用が増えています。強度についてはわかりませんが、愛用していると思われる兵士の画像もあるため、悪くはないのかな。この辺りの評判はちょっとわかりません。

IMG_9469

サイドには全面にウェビング。こちらはナイロンのテープのタイプです。ざまざまなポーチやポケットを増設するにはもってこいです。もともとスリムな本体なので、大きめのポーチを複数つけてもそれほどかさばらな
いかと思います。側面上下に各1本、合計4本のコンプレッションストラップが付属。これは内容物が少ない際に、中で暴れないように引き絞るものです。必要に応じて活用してください。

IMG_9472

メインコンパーツメントがこのようにガバリと開くのもplan-b系からの流れです。内部は柔らかいライナーが使用されており、内容物を保護します。ベルクロ式の仕切り板が付属し、好きな位置で仕切ることができます。下の方には普段取り出すことのないもの、上の方にはよく取り出すものを入れるのが一般的かな。3方向がダブルジップで囲われていいるため、好きな位置から開き始めることができます。

IMG_9476

背面のパッドは熱成形によるもの。通気性を確保しつつ、内容物が背中を刺激しないようになっています。このパッドはなかなか優秀で、中身が多少ゴツゴツしていても快適な背負い心地。まあ、全く蒸れないというわけではないですけどね。

IMG_9478

パッドと本体の間も非常に広く開きます。ただ、ここはそれほど幅がありません。一般的なバッグではハイドレーションパックを入れたりしますが、plan-cの場合は幅が狭いので、あまりそういった用途には向きません。では何に使うかと言えば・・・、hazard4の日本語カタログには、拳銃の模型が収納されています。つまり、そういうことでございます・・・。

IMG_9455

細すぎてどうなの?という声が聞こえてきそうなバッグですが、自転車やバイクに乗るのであれば、障害物に引っかかりにくいので良いかと思います。そしてこれがまたなかなかカッコイイんです。plan-b'17、plan-c共に、「一味違う感じ」がプンプンと漂います。単なるミリタリー系のバッグとも違う、スマートさもある独特の雰囲気です。内容物が許すのであれば、使い勝手はかなり良いかと思います。本格派のバックパックをご検討中であれば、ぜひその中に加えてください。

HAZARD4(ハザード4) plan-c プランC バックパック BKP-PLC